ブログ

マラソン日本記録保持者を習えば、速くなるというのは間違いです

日本で一番速いタイムで走ることが出来たら

その人が言っていることが、速くなることの一番の近道

っと、思うのは早計だと思います。

 

例えば、設楽選手がマラソン日本記録を16年ぶりに更新しました。

その設楽選手が、

・30㎞以上は走らない

・高地トレーニングはしない

ということを言っていますが、それを一般ランナーがそのまま受け止めて

「たくさん走っても速くなれない」「高地トレーニングしても速くなれない(まぁ、一般の人は高地トレーニングはしないと思いますが)」

と、思ったところでそもそもの自力や体力や技術が設楽選手とは違います。

 

設楽選手といえども、過酷な練習をしてきての「今」です。

それに設楽選手ほど一般のランナーの方はそれほどトレーニングをしていないでしょう

それなのに「マラソン日本記録保持者言っていたから、そういう練習をする!」

っというのは、自分が日本記録を出せるほどのマラソン選手と同じ経緯を歩んできた

という自信があるという事になります。

 

うーん、ちょっと現実的は無いですよね。

 

速い選手を参考にする、もちろんすべきだと思います。

ただ、今の自分のレベルに合うのか?そこを冷静に見極められないと

マイナスになるということは、よーく理解をした方が賢明だと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 2017世界陸上ロンドン大会 50㎞競歩 レヴュー
  2. テン6ウォーキング、初参加でも初心者でも、楽しく速く歩ける秘密
  3. パーソナル受講者の ヒップアップ が ウォーキングで可能になった…
  4. いつものウォーキングに、ちょっとした「目標」を。テン6ウォーク、…
  5. 行橋別府100㎞が中止になって届いたメール
  6. ホノルルマラソンと片麻痺の方のウォーキング
  7. 2021 元旦競歩 お疲れさまでした。
  8. ウォーキング や 競歩で左右のバランスが悪い時に確認すべきこと
PAGE TOP