ブログ

ウォーキングで太もも前を使わない!、意識出来ますか?

身体の使い方で皆さんが「出来ている」っと思って実はなかなか出来ていないのは、
「太ももの前(大腿四頭筋)」を使わないで歩くこと。

骨盤で歩くことが出来れば、足を前に出すという意識を持たなくても
骨盤で蹴ることで、蹴った方とは反対側の骨盤が前に出るので
骨盤に足が運ばれて前に出ます。

ですが、なかなか皆さん、この動作を意識する前の太ももの前を使う、という習慣が残っているので
うまくいかない、もしくは、前に出せたとしても大腿四頭筋を使ってしまっているので
着地がかなり前になってしまうようです。

ポイントはしっかりと支持脚(重心を載せている足)に重心を乗せてあげることです。
これが出来て、骨盤で蹴ることが出来れば、スッと反対側の足が前に振り出されるのが分かります。

この動作に慣れないうち速く歩こうとすると、このスッと勝手に足が出る感じが掴めません
まずは、ゆっくりでやってみてください。

Follow me!

関連記事

  1. 速く歩く一番シンプルな方法
  2. ウォーキングフォームでチェックしたい 《腕振りと歩幅の関係》
  3. ウォーキングの時に、重りを付けて「筋力トレーニング」も同時におこ…
  4. 100km をウォーキングすることで大事なこと
  5. 脚筋力を上げる!自宅で出来るエクササイズ
  6. ジョグ歩とウォーキングの違い
  7. しおや100kmウォークで自己記録更新、おめでとうございます!
  8. ウォーキング・競歩、「一歩を大切に」!そのことが技術的に上手に歩…
PAGE TOP