ブログ

ウォーキングで「速いペース」を維持するために大切なこと

ウォーキングで「スピードは出せるけど維持できない」

という方はけっこう多いと思います。

どうすれば、ペースを維持することが出来るのか?

 

答えは簡単です。

「無理を無くす」です。

 

動作の中で「無理」をすれば、カロリー消費が多くなり、エネルギー枯渇が起きるので

ペースの維持など出来る訳がありません。

自分のフォームの「無理を無くす」が、スタミナを持たせる第一条件です。

 

UWTTでトップだった方のフォームをみると、まだまだ無理が多いです。

膝の屈曲が深い、

腕振りが力任せ

筋力の使い方のメリハリで、まだまだ筋肉の緊張時間が長い

など、「伸びしろの多さ」には逆にびっくりします。

 

ペース配分や上記のことがしっかりと出来るようになれば

10時間台は目の前です。

 

皆さんはフォームに「無理」はありあせんか?

https://www.pro-walkingcoach.com/service/personalandmail/

Follow me!

関連記事

  1. 初心者 のための トップウォーカーのフォーム解説① 【体幹が身体…
  2. 休止中のメール通信でのトレーニングアドバイスメールから読み解く、…
  3. ぜひ、子供たちには職業:陸上選手を目指してもらいたい、だからこそ…
  4. ウォーキング・競歩で足の痛みが出る理由
  5. 長距離をウォーキングするために必要なシンプルな2つなポイント
  6. 本当に疲れないウォーキングはできるのか?
  7. 呼吸がきつくなった時にしたいこと
  8. 東京五輪@札幌 競歩コースを予測する
PAGE TOP
PAGE TOP