ブログ

スポーツ楽しむって、いろいろな価値観の中にあります

競技的思考が進めば当然そのスポーツはレベルが高くなります。

ただ、それが良いことか?と聞かれれば

一概に良いこととは思えません。

 

スポーツとしての訴求が高くなれば高くなるほど

「敷居」が高くなり、多くの方が親しんで行う

レクリエーションスポーツではなくなるからです。

もちろん、それが「つまらない」という方もいれば、「楽しい」と思う方も当然います。

 

ただ、スポーツとして楽しむ、となると

最大の喜びは「自己記録が出たこと」

これは、今までの自分に勝った、という前進なのです。

これは、多くの方に達成感や喜びを与えます。

 

個人的には、いくつになっても「新しい自分に出会う」

そんな挑戦を皆さんにはして欲しいと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩での失格は、レベルアップのサイン 「競歩を難しい」という言葉…
  2. 大阪での「想い」を、まずは行動してみました。
  3. サブ3ランナーに挑戦してほしいと思うこと
  4. ラン経験のある、競歩初心者がつい失敗してしまうこと
  5. 休止中のメール通信でのトレーニングアドバイスメールから読み解く、…
  6. 100km攻略講習会、無事に終了 ウォーク出身の主催者だからこそ…
  7. 講習会in大阪は「台風」で中止。楽しみにしていた方が多く、残念。…
  8. ウォーキング や 競歩で左右のバランスが悪い時に確認すべきこと
PAGE TOP