ブログ

スポーツ楽しむって、いろいろな価値観の中にあります

競技的思考が進めば当然そのスポーツはレベルが高くなります。

ただ、それが良いことか?と聞かれれば

一概に良いこととは思えません。

 

スポーツとしての訴求が高くなれば高くなるほど

「敷居」が高くなり、多くの方が親しんで行う

レクリエーションスポーツではなくなるからです。

もちろん、それが「つまらない」という方もいれば、「楽しい」と思う方も当然います。

 

ただ、スポーツとして楽しむ、となると

最大の喜びは「自己記録が出たこと」

これは、今までの自分に勝った、という前進なのです。

これは、多くの方に達成感や喜びを与えます。

 

個人的には、いくつになっても「新しい自分に出会う」

そんな挑戦を皆さんにはして欲しいと思います。

Follow me!

関連記事

  1. コロナ禍で国民に送ったメッセージ 体操 内村航平選手に想うトップ…
  2. 世界陸上ドーハ 中東の暑さを味方に!勝木隼人選手 男子50㎞競歩…
  3. 勝てば天国、負ければ地獄 MGCが近づいてきています
  4. 東京エクストリームウォーク42.195㎞ 信号があろうとも歩いて…
  5. ウォーキング初心者に参考にしてもらいたいシューズの選び方
  6. 対談してきました!
  7. パーキンソン病 しかし、諏訪湖1周ウォーキング達成
  8. 簡単に楽に速く歩ける方法 1000人を抜いて感じたこと
PAGE TOP