ブログ

稀勢の里の引退に想う事

選手の頃、ヨーロッパで単身合宿をする、試合に行くということがありました。

まだ、中国勢も強いころでは無かったので、東洋人が海外で独り合宿や試合をするのは

珍しかったと思います。

それでも、合宿先でも試合でも嫌な思いをしたことがありません。

逆にそれが凄く嬉しく思えました。

やはり、独りで海外でトレーニングをする、試合をするということは

非常に心細いものであり、ナーバスになる部分でもあります。

 

だからこそ、スポーツの大前提「平等」「公平」で受け入れられることは

海外でスポーツをする上で、大きな後ろ盾になり、勇気づけられる部分です。

 

稀勢の里が引退しました。

日本人横綱としてのプレッシャーを考えると、想像するだけで背筋が凍ります。

長く横綱でいることより、美学で怪我リスクを負ってでも勝ち切った前回の優勝

その代償として、横綱としての戦績は36勝36敗の97休。

横綱と言う地位だけに賛否はあるでしょう。

 

想うのは、海外の横綱であったとしても、稀勢の里ように苦しんだとしても

稀勢の里の成績を一つの基準として、皆さんも見て欲しいなぁっと思ったりしています。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 10㎞を47分台で歩いた(競歩)したとき、キツイ感じたときに意識…
  2. 雨予報の日本選手権20㎞競歩、この雨がどうレースに影響するか?
  3. 競歩は簡単です。難しいのは・・・
  4. 前十字靭帯が無く、変形膝関節症でも10㎞を57分で走る
  5. スピードアップのために「足は前に出さない!」っとパーソナルトレー…
  6. 明日はテン6ウォーキング
  7. 競歩式ランで走っているパーソナル受講者が医者から言われたこと
  8. その挑戦は決して無謀ではないと、証明できるのは私ではなく皆さんな…
PAGE TOP