ブログ

自分に合った情報を収集するのは、とても難しい。。。

ウォーキング始めよう、トレーニングを始めよう、ランニングを始めよう

っと考えたとき、多くの方はネットで検索を掛けると思います。

ダイエットが目的だったら「ダイエット ウォーキング」という風に。

 

どうせやるなら、正しい情報で、効率的にやりたい!っと思うもの。

ですから、まずは情報収集というところから入ります。

ですが、ネットで調べた情報が、本当に自分に合った情報かどうか?

というのは、正直分からないと思います。

 

ダイエット ウォーキングであっても、

自分の「年齢は?」「性別は?」に合った情報ですか?

年齢も性別も違うのに、同じ情報でやっていいの?

という疑問が残ります。

まぁ、100歩譲って検索項目に、ウォーキング ダイエット 男性 40代、っと

打ち込んで検索を掛けたとしても、

だいたい同じサイトが検索結果として出てきてしまいます。

 

しかし、年齢や性別以上に大切なのは、運動履歴・既往症(病歴)です。

運動経験がある方に、運動経験の無い方と同じ運動時間でよいのでしょうか?

運動経験のある方と、運動経験の無い方では、同じ30分歩くでも、

捉え方やウォーキング後の疲労感は大きく変わります。

 

それこそ、既往症(病歴)がある方はネットで書いてある通りの歩き方・時間でいいの?

 

 

もちろん、私もいろいろとウォーキングの情報を出しています。

それはあくまでも一般的なレベルの話で、明快な答えを提案する場合と、濁す場合と様々です。

ですので、ブログを見ている方と話す機会があるとたまに

「ブログをよく読んでますが、結局どうすれば良いのか(どう対処すれば)、結論が無い場合が多い!」

っと言われることもしばしばです(苦笑)

 

つまり、ネットの情報だけで、自分に合った歩き方や方法にたどり着くのは至難の業です。

明確な目的があるのであれば、パーソナルトレーニングを選んだほうが近道なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 認知症を防ぐために、まずしなければならないことは、たくさん歩くこ…
  2. コーチングの精度を上げる、2つのサービス
  3. 20km競歩 能美大会が見せた20km競歩メダル獲得の可能性
  4. パーキンソン病 手の震えを止める簡単な方法
  5. 無料WEB講座 競歩・ウォーキング、ランニングに活用できる、心拍…
  6. 2011年世界陸上大邱大会 日本3選手が入賞するも韓国に先にメダ…
  7. 熾烈を極める東京五輪 競歩日本代表選考 展望①
  8. ウォーキングのスピードを上げるために、初心者やウォーキングフォー…
PAGE TOP