ブログ

ウォーキング や 競歩で つま先を挙げてかかと着地をしようとするときに大切なこと

かかと着地をウォーキングや競歩で勧めていますが

その際に、つま先を挙げて着地をするように意識しましょう!

っと話します。

 

その時に、多くの皆さんは足の親指に意識が向きます。

つまり、親指を上げることで、つま先を上げる、という動作につなげようとします。

そうすると、シューズの紐をきつく結び過ぎていると、うまくつま先を上げることが出来にくいです。

紐が脚の甲を上から押さえつけるようになるので、可動域が狭くなるからです。

 

紐を緩めてあげる、というのも一つの方法です。

実際には、別の意識の持たせ方もありますが、それはまた別の機会に書きたいと思います

 

Follow me!

関連記事

  1. ランウェイを競歩で歩け! ミラノコレクション
  2. 動画フィードバック付き講習会参加者のお声
  3. ウォーカーズ 講習会ではあまりしていないTV番組ならではのことも…
  4. 「パーソナルの良いとこってそこですよね!」っと言われた件
  5. 速くウォーキングするときのフォームと、ゆっくりウォーキングすると…
  6. 要らぬ自信を深めてしまった・・・ ロンドン良いところです
  7. 東京エクストリームウォーク 1週間を切って出来ること
  8. 40代 女性 前十字靭帯断裂 変形性膝関節症もトライアスロン完走…
PAGE TOP