ブログ

100kmウォークの最大の敵は?

100kmウォークで、タイムに大きく影響する要因は

いくつかありますが、その1つにあるのが「天候」

 

雨が降ればとたんに完歩率もタイムを悪くなります。

では、なぜ雨が完歩率を下げるのか?

その理由は大きく2つ

 

「体温の低下」

「足のマメが出来やすくなる」

 

この2点です。

 

濡れると当然身体が冷えます。

ウォーキングはランニングと違って、心拍数が高い運動ではないので

少しでも気温が下がると、体温もすぐに下がります。

そうなると、どんなに速くウォーキングをしても、ランニングほどすぐに体温が上がらないので

身体は冷え続け、パフォーマンスも下がり、スピードが落ちて更に体温を生まなくなり。。。

という、悪循環に陥ります。

 

足のマメは、やはり濡れて皮膚がふやけて弱くなるので

どうしてもマメが出来やすくなります。

マメができるととたんにパフォーマンスが落ちます。

 

 

「雨」これは、なかなかの難敵です。

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング や 競歩で 動きの効率を良くする初歩的なこと
  2. めちゃくちゃ怒ってます!
  3. 初心者が目指すべきは、速さ?正確性?のつづき
  4. 講習会in福岡 2日目 無事終了
  5. 寒くても血圧のために歩きましょう!NHKは影響力大
  6. 子供・孫の後ろ姿に学ぶ 競歩はウォーキングの延長線上???
  7. 片麻痺の方のウォーキングトレーニングでまずは求めたい「安定性」
  8. リオ五輪、火花を散らした二人が今は合同練習中
PAGE TOP