ブログ

競歩でベントニー(膝曲がり)の反則をしないために、気を付けたいこと

競歩のルールは2つのルールから成り立っています。

「どちらかの足が一瞬でも良いので地面に接地してること」(ロスオブコンタクト)

「接地した瞬間からその足は垂直になるまで膝を伸ばさなければいけない」(ベントニー)

 

ベントニーは、身体的特徴で有利不利が分かれやすいです。

膝の形が悪い(ひざが前に出っ張るような形状)や、膝裏を伸ばしても一直線になり難いなど

しっかり伸ばしているつもりでも、伸びてない、ということは珍しくありません。

 

膝が伸びにくい選手は、足を前に大きく踏み出すのは良くありません。

重心を使って膝を伸ばし難い

垂直になるまで膝を伸ばし続けなければいけないので

足を前に出せば、出すほど、膝を伸ばす時間が長くなります。

 

だから、膝が伸びにくい選手は前に大きく踏み出さず

身体に近いところに着地することが大切になってきます

 

Follow me!

関連記事

  1. 74才で27㎞トレイルラン、制限時間より1時間早くゴール! 目的…
  2. 世界競歩チーム選手権の金メダルを手にしました!
  3. 「ゆっくり走りたいけいど走れない…」への回答
  4. 世界陸上ロンドン マラソン惨敗に想う
  5. トップアスリートの秘密を解明する研究者の苦悩
  6. 自分のウォーキングのスキルが高いのか?低いのか?簡単に知る2つの…
  7. ウォーキングを向上させるトレーニング方法③ 良いフォームと悪いフ…
  8. 足裏(土踏まず)がウォーキング や 競歩で痛くなる、という方へ
PAGE TOP