BLOG

ウォーキングブログ

競歩でベントニー(膝曲がり)の反則をしないために、気を付けたいこと

競歩のルールは2つのルールから成り立っています。

「どちらかの足が一瞬でも良いので地面に接地してること」(ロスオブコンタクト)

「接地した瞬間からその足は垂直になるまで膝を伸ばさなければいけない」(ベントニー)

 

ベントニーは、身体的特徴で有利不利が分かれやすいです。

膝の形が悪い(ひざが前に出っ張るような形状)や、膝裏を伸ばしても一直線になり難いなど

しっかり伸ばしているつもりでも、伸びてない、ということは珍しくありません。

 

膝が伸びにくい選手は、足を前に大きく踏み出すのは良くありません。

重心を使って膝を伸ばし難い

垂直になるまで膝を伸ばし続けなければいけないので

足を前に出せば、出すほど、膝を伸ばす時間が長くなります。

 

だから、膝が伸びにくい選手は前に大きく踏み出さず

身体に近いところに着地することが大切になってきます

 

Follow me!

関連記事

  1. 五輪メダル獲得、金銀銀銅(4個)のJared Tallent選手…
  2. #Voicy 入国審査で止められる、、、という味わいたくはない経…
  3. 東京エクストリームウォークのコース、歩いてきました! ずっと雨で…
  4. 「競歩」をすると心拍数はどれぐらい上がるのか?
  5. 2022年 明けまして、おめでとうございます。本年も宜しくお願い…
  6. ウォーキングで太もも前を使わない!、意識出来ますか?
  7. 【健康のためのウォーキング】で意識したい心拍数
  8. 【ウォーキング・ランニング】前の人に追いついた!、その時にとるべ…
<<
PAGE TOP