BLOG

ウォーキングブログ

どんな「がん」の予防にウォーキングは役立つのか

国がん研究センターで発行している「日本人のためのがん予防法」

という冊子があります。

そこで、運動が「がん予防」に効果があるかどうか?ということが明確に記されています

身体活動(運動)として
「歩行またはそれと同等以上の強度の身体活動を1日60分行いましょう。また、息がはずみ汗をかく程度の運動は1週間に60分程度行いましょう」
その運動効果として、
大腸がんになるリスクは、「ほぼ確実」に下げる
乳がんになるリスクは、「可能性あり」
っと評価しています。

ウォーキングおこなうことは「がん予防」になります。

もっと言えば、体型を維持し平均体重を維持できれば、全ての「がん」の発症の可能性を下げてくれます。
女性の場合は、体型を数値化したBMI(ボディマスインデックス)が30以上だと「がん」になるリスクを上げ
男性の場合だと、BMIが低すぎる18.5未満だと「がん」の発症リスクが上がる可能性あり、とされています。

ウォーキングをして、しっかりとバランスよい食事し、飲酒はほどほど。

これが健康のためのウォーキングの基本といえるでしょう

Follow me!

関連記事

  1. 競歩とラン、スピード感を感じるのはどっち? 10㎞を久しぶりに「…
  2. 東京エクストリームウォークのコース、歩いてきました! ずっと雨で…
  3. 五輪種目に決定!男女混合競歩 2024年パリ五輪、猶予は実質2年…
  4. 世界陸上ドーハ 10年振りの入賞へ!岡田久美子選手!!
  5. 行橋‐別府100㎞でタイムのため考えなければいけないこと 100…
  6. 理学療法士の先生方と変形性膝関節症のウォーキングの勉強会
  7. なぜ、ウォーキング(競歩)が遅いのか?を見つけるのも速くなる方法…
  8. 週1回程度のウォーキング で、最大何kmまで歩けるのか?
<<
PAGE TOP