ブログ

ランからウォークは難しく、ウォークからランがやりやすい理由

 

ランからウォークは難しい

ウォークからランへの移行は容易でしかもランの調子が良くなる。

 

パーソナルで、ランもすれば競歩やウォークをする方の言葉です。

 

ランはウォークより速く進めます

跳ぶ、ということが出来るのが最大の理由でしょう

 

ランからウォークに移行すると、飛ぶことが出来ないので

「勢い」を使うという事が出来ななるので、身体をより正確に効率よく使わなければいけなくなります。

 

その点、ウォークからランに移行するときは

ウォークで効率良く身体を動かすことを覚えた後に

「跳ぶ」という要素を入れることが出来るので

とても楽に進める感覚を得られます。

 

パーソナルでは、「ラン」だけの方もいますが

かならず最初にウォークをしてもらう。

そして、効率的な動作の習得をしてもらう。

 

競歩をベースとしたトレーナーだからこそ出来ることだと思っています

Follow me!

関連記事

  1. 世界競歩チーム選手権(2018年) 50㎞競歩 勝因の解説と20…
  2. テン6ウォーキング、初参加でも初心者でも、楽しく速く歩ける秘密
  3. 九州の皆様 アンケートの回答、お待ちしております! 印象に残った…
  4. 大阪国際女子マラソン 松田選手の好走が名古屋ウィメンズマラソンの…
  5. ウォーキング 技術、とても73才女性には見えません… 滑らかな膝…
  6. ウォーキング・競歩で 太もも外側を痛める人へ
  7. 競歩式ランで学べる最大のポイント
  8. ウォーキングで免疫力を上げる
PAGE TOP