ブログ

ウォーキングで上手に身体が使えてない人の特徴とは?

上手に身体を使えない方の特徴として

一番大きな要因は「思い込み」

 

自分はきっと腕をリラックスして左右正対象に腕を振っているだろう

自分はきっと頭の位置は一定で、上下動もなく歩けているだろう

自分はきっと速くなってもジョグ歩にはなっていないだろう

 

自分の実際のフォームを見たことが無く

自分の中での想像のフォームで歩いている方に多い「思い込み」です。

 

この「思い込み」を治す一番の特効薬は

「自分のフォームを動画に撮って見てみること」

これ以外ありません。

 

まだ、自分のフォームを見たことが無いという方

是非、自分の歩く姿を動画に撮って見てみて下さい

きっと、大きな気づきが得られるはずです。

Follow me!

関連記事

  1. 「出来ない!とは言いたくなかった」榮さん(100㎞ウォーカー)と…
  2. 行橋別府100㎞ウォーク中止、主催者の英断に敬意を表します。
  3. めちゃくちゃ怒ってます!
  4. ウォーキング&ラン 効果を上げるメニュー③ 【健康編】個別にメニ…
  5. 「疲れ」を科学的に簡単にとらえる
  6. 100㎞ウォーキングで今季は、なんと5回のトップゴール!
  7. 無料WEB講習会 競歩式ラン事例紹介講座 7月開催
  8. 山手線の新たな企画
PAGE TOP