BLOG

ウォーキングブログ

ポーランドの選手が実践した気温30度で30kmを歩き切る給水方法

暑い日の中での運動には

皆さん苦労されていると思います。

 

気温30度の代々木公園で、30kmを見事に歩ききった

ラファエロ選手(ポーランド)。

ゴール後、ヘトヘトと思いきや意外に元気でした。

 

そんな彼が摂った給水は、10分毎に給水(ゲータレード)をとり

30分毎に「カーボ」炭水化物のゼリーを摂ってました。給水も合わせて。

一応、保冷バックに入れてはありました。

ですので、あまり冷たくはありません

ただ、これが意外と大事。

 

給水は体温を下げますが、冷えすぎてしまうと胃腸を壊します

 

水分の枯渇もそうですがエネルギーの枯渇にもしっかりと

配慮してました。

 

やはり基本的なことをやるのは、暑い日のトレーニングでも充分有効だと

再認識させられました。

Follow me!

関連記事

  1. 【競歩 早く歩くウォーキング】早く歩くための、「背骨」の使い方
  2. 60-70代からこそ「楽に」「速く」歩ける!挑戦するものに「道」…
  3. 筋力に頼らない、歩き方をしよう
  4. 何でも良いので「挑戦」してみる。
  5. 関東マスターズ陸上出場の皆様、お疲れ様でした!
  6. 寒さを味方につけて、ちょっと頑張ってみよう
  7. #Voicy スペインでの合宿で、お願いされたこと。
  8. 少人数!フォーム動画チェック! ウォーキング&競歩講習会in代々…
<<
PAGE TOP