ブログ

ポーランドの選手が実践した気温30度で30kmを歩き切る給水方法

暑い日の中での運動には

皆さん苦労されていると思います。

 

気温30度の代々木公園で、30kmを見事に歩ききった

ラファエロ選手(ポーランド)。

ゴール後、ヘトヘトと思いきや意外に元気でした。

 

そんな彼が摂った給水は、10分毎に給水(ゲータレード)をとり

30分毎に「カーボ」炭水化物のゼリーを摂ってました。給水も合わせて。

一応、保冷バックに入れてはありました。

ですので、あまり冷たくはありません

ただ、これが意外と大事。

 

給水は体温を下げますが、冷えすぎてしまうと胃腸を壊します

 

水分の枯渇もそうですがエネルギーの枯渇にもしっかりと

配慮してました。

 

やはり基本的なことをやるのは、暑い日のトレーニングでも充分有効だと

再認識させられました。

Follow me!

関連記事

  1. 元五輪選手が伝授するウォーキングや競歩で背中を柔軟に使うためのド…
  2. 祝 サッカーW杯出場決定!! に想う
  3. 足の長さは左右同じではありません
  4. 骨粗鬆症 にとって本当に効果がある ウォーキング 方法を検査結果…
  5. 人生の中で「感無量」っと感じた経験は何回ありますか?
  6. 大崎‐新横浜ウォーキング、100㎞ウォーカーを悩ます
  7. 「出来ない!とは言いたくなかった」榮さん(100㎞ウォーカー)と…
  8. ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から…
PAGE TOP