ブログ

東京エクストリームウォークでトップを歩くと絶対に道に迷わない理由、とは?

6月の東京エクストリームウォークでトップでゴールした選手が

公式ページの動画の1分23秒くらいに写っています。

 

このときのゴールタイムは14時間くらいでした。

トップゴールしたいなぁ、っと思う方は最低限としてこれくらいで歩かないと駄目でしょう。

 

彼は競歩の選手なので、初めての100kmでもそれぐらいでは歩きます。

途中(80km)地点くらいまでは、12時間台のペースだったのですが

後半になって足を攣り、攣りながらもゴールしての14時間台でした。

(ちなみに彼は今回は、大きな試合の後なので出場はしない予定です)

 

トップを歩いてもコースを迷うことはまずありません。

 

なぜかというと自転車の先導があるので、そこについて行けばよいだけなので。

着かず離れず先導してくれています。

つまり、先頭はずっとフォームを見られている、ということでもあります。

 

トップに出ると見える風景は「先導する自転車」

しかし、走ってるとみなされる「ジョグ歩」にならないように注意しないといけません。

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞のため全日本実業団10000m競歩 ゴールしました!
  2. 2018UWTT
  3. 明日は2019UWTT!
  4. 2018つくばりんりんロード100キロウォーク 分析①
  5. 2017年100キロウォーク全3レース分析①
  6. 「今の課題」から1ヶ月が経ち…
  7. 塩谷100kmウォークと日本選手権50kmの違い、とは。
  8. つくば旅②(第1ステージまで)
PAGE TOP