ブログ

樋熊君、日本中に競歩を知ってもらう旅、無事にゴール

樋熊君、無事にゴールしました

彼の長い旅で、おそらく誰もよりも

「頑張れ」という言葉を掛けてきました。

 

彼が挑戦する中で、ほぼ毎晩電話で話していました。

その電話を切る最後は必ず、「頑張れよ」

っと言って切ろうと決めていました。

 

こんなことを書くと柳澤が良い人に見えますが、

樋熊君に誰よりも厳しい言葉を投げかけ、誰よりもこの旅を反対していたと思います。

 

さきほど、この旅で最後の電話をしました。

もちろん、ゴールをした彼に「頑張れ」ではなく「お疲れ様」

 

まずは、ゆっくり休んで欲しいと思います

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩 初の大舞台、挑戦者として悔い…
  2. パーソナルウォーキングジム 変形膝関節症の女性ですが20㎞
  3. 皆さんのフォームを動画でみて、昔の自分を思い出す
  4. 日本中に競歩を知ってもらう旅⑧ ようやくほぼ半分達成
  5. ウォーキングをスポーツとして発展させるために!
  6. 選手にも観客にも、まったく配慮してません、選手ファーストとは言わ…
  7. ドーピングしてませんか?の続き
  8. ウォーキング 競歩 コーチをするということは「学び続けること」
PAGE TOP