BLOG

ウォーキングブログ

世界陸上ドーハ大会 自分の肩書は自分の力でしか更新できない 男子20㎞競歩 山西利和選手

世界陸上ドーハ大会 男子20㎞競歩に出場する山西選手。

https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201903170000803.html

メディア的にはどうしても注目を引きやすいワードを使って

選手にスポットライトを当てます。選手が望むか望まないかに関わらず。

「京都大学」という肩書きよりも、競歩選手としての「山西利和」として

世の中に認知されたいという想いが

山西選手にはあると思います。

その想いが、才能を開花させ初の世界陸上代表を射止めると

審判が厳しいラコルーニャ(スペイン)での試合で1時間17分台で優勝し、

大きな自信を掴みました。

 

2017年ユニバーシアードこそ金メダルでしたが

昨年のアジア大会銀メダル・世界競歩チーム選手権4位・今年の日本選手権3位

勝てそうで勝ちきれない試合をしてきました。

この悔しさが、全日本競歩能美大会優勝・ラコルーニャの連勝となっています。

 

勢いがついている今、3連勝で金メダル

金メダル有力候補です。

Follow me!

関連記事

  1. 脳卒中(脳梗塞)で片麻痺(半身まひ)の方、ウォーキングトレーニン…
  2. 朝、トレーニングがてら競歩で歩いているときの出来事 その2 道を…
  3. ロボットからウォーキングを学ぶ
  4. 競歩の魅力って何ですか? これから私が良く聞かれる質問の1つ、そ…
  5. 乳酸の話はまた今度、メール通信受講者がパーソナルを受けた話
  6. 講習会in大阪は「台風」で中止。楽しみにしていた方が多く、残念。…
  7. 再募集【競歩】動画フィードバック付き初心者向け講習会 2023年…
  8. 50km競歩にもスピード化を呼びこんだ大会となった、2019年日…
<<
PAGE TOP