ブログ

世界陸上ドーハ大会 自分の肩書は自分の力でしか更新できない 男子20㎞競歩 山西利和選手

世界陸上ドーハ大会 男子20㎞競歩に出場する山西選手。

https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201903170000803.html

メディア的にはどうしても注目を引きやすいワードを使って

選手にスポットライトを当てます。選手が望むか望まないかに関わらず。

「京都大学」という肩書きよりも、競歩選手としての「山西利和」として

世の中に認知されたいという想いが

山西選手にはあると思います。

その想いが、才能を開花させ初の世界陸上代表を射止めると

審判が厳しいラコルーニャ(スペイン)での試合で1時間17分台で優勝し、

大きな自信を掴みました。

 

2017年ユニバーシアードこそ金メダルでしたが

昨年のアジア大会銀メダル・世界競歩チーム選手権4位・今年の日本選手権3位

勝てそうで勝ちきれない試合をしてきました。

この悔しさが、全日本競歩能美大会優勝・ラコルーニャの連勝となっています。

 

勢いがついている今、3連勝で金メダル

金メダル有力候補です。

Follow me!

関連記事

  1. 雨予報の日本選手権20㎞競歩、この雨がどうレースに影響するか?
  2. お尻歩きの効果効能とは?ZIPのメダルラッシュをより楽しんでみる…
  3. UWTT(100kmウォーキングタイムトライアル)コース動画
  4. 痛みから知ろう!
  5. クマの古道を歩く
  6. 2017 世界陸上 ロンドン 女子20㎞競歩 メダル事前予想
  7. ウォーキング のフォーム(歩形)の重要性
  8. 簡単に楽に速く歩ける方法 1000人を抜いて感じたこと
PAGE TOP