ブログ

選手ファースト、って。。。偉い人が言うほど現実と乖離すような。。。

無事に「東京五輪@札幌」っとなりました。
4者のトップ級会議が3日間続き、ようやく決定となりました。
最終的な決定権はIOCにあることは契約に明記されていたことなので
合意は無くとも決定できるIOCの決定が通り、ということです。

ですが、4者会議(IOC・大会組織委員会・東京都・政府(五輪大臣))で決まりましたが
「選手ファースト」と言いつつも、選手がこの会議に入ることはありませんでした

選手がこの会議には入れなくとも、この4者のうちのどこかが
選手へのヒアリング(少なくともマラソンで4名・競歩で3名)を、しっかりとして
この4者会議に臨んだ団体はいたのでしょうか?
少なくとも、報道を見る限りではそんな声は聞こえてきません。

「選手ファースト」ねぇ。。。
IOCも、組織委員会も、都も、国も、実態としては考えてないように見えてしまいます。
せめて鈴木選手が願っている、このブログでも以前書きましたが
「日陰の多いコース」くらいは叶えて欲しいです

これで開催地は決まったので
いろんな方から「どうなるの?」っと聞かれることは無くなると思ってますが

「札幌だって7月終わりから8月暑いよ」
きっと、開催までは言われるんだろうなぁ、っと覚悟してます(笑)

私も知ってます(笑)
(っというか日本中の人が知っていて、知らないのはデータでしかものをみないIOCだけ)

何はともあれ決まりました。
我々に出来るのは、最高のパフォーマンスを出すために集中することだけです。

Follow me!

関連記事

  1. 2007年世界陸上大阪大会 山崎選手への誤誘導事件 競歩のテレビ…
  2. つくば100kmウォーク、多くの方にお声掛けいただき、ありがとう…
  3. 世界陸上男子女子50㎞競歩 解説 無事に終了
  4. 自分の最大心拍数を知れば、運動の質が向上します
  5. 身長が低くても時速7.5㎞でウォーキングすることは可能です。
  6. 全3回競歩講習会でのフォーム撮影は、難しく・楽しく・ためになる
  7. ウォーキング や 競歩 の講習会は1回受ければ充分???
  8. 今年読まれたblog記事第2位は! 今年良く読まれたブログベスト…
PAGE TOP