BLOG

ウォーキングブログ

2011年世界陸上大邱大会 日本3選手が入賞するも韓国に先にメダルを獲られる! 競歩のテレビ解説者としての解説の歴史を振り返る②

世界陸上大邱大会は、蒸し暑さが残る大会でした。

実はベルリンの世界陸上には競歩はダイジェスト放送しかなく

しかも解説はマラソン解説の金哲彦さんがされていたので

まさか、解説のオファーが来るとは思っていなかったので

お話をいただいたときは、結構びっくりしました。

 

これまで何回も解説をさせていただいてますが、

宿泊したホテルの目の前が競歩のコースだったのは

この大邱大会だけです。

そして、解説の場所も中継車の中だったので(通常は中継スタジオか中継スタンド)

かなり新鮮に中継をさせていただきました。

 

この大会で印象に残ったのは韓国の躍進

日本より先に競歩で銅メダルを獲得(20㎞競歩)したのは

衝撃手でした。

そして、50㎞競歩でも入賞者をだしました。

日本競歩が韓国に抜かれた、という感は否めませんでした。

日本選手も3名入賞しましたがメダルはありませんでした。

 

前回のベルリン世界陸上と比べると入賞者もだし

日本のレベルアップを感じることは出来ましたが

メダル獲得を韓国に先にされた!というのは衝撃的な出来事でした

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 第2弾 男子20㎞競歩ナショナルチーム合宿が迫る!
  2. 自分に合った情報を収集するのは、とても難しい。。。
  3. ウォーキングや普段の歩行で「つまずきやすい」という方が勘違いして…
  4. 東京エクストリームウォーク100㎞ 足を前に踏み出さない!練習を…
  5. 日本中に競歩を知ってもらう旅⑫ 九州の小学生たち!
  6. 東京五輪メダルへの現実味 女子10年ぶりの日本最高&男子は1時間…
  7. ウォーキング 自分のフォームを確認しよう!っと書いたブログに頂戴…
  8. 時速7㎞以上で10㎞ウォーキングするためのシンプルな基礎トレ 坂…
<<
PAGE TOP