ブログ

天才は、なぜ?自分は天才なのか、と考えた瞬間に凡人になる

どんな世界にも「天才」と呼ばれる人はいます。

一気に頭角を現すような人を「天才」と指すことが多いと思います。

つまり、「勢い」

このタイプの天才は、自分がなぜ強いのか?ということを考えた瞬間に

その勢いが途絶えてしまいます。

悪く言えば、基本を知らなくても、能力だけで勝てる・強くなるをしてしまうと

スランプに少しでも入ると抜け出れなくなるのです。

基本を知らないから・・・

 

だからこそ、凡人であったとしても、

基本さえしっかりと覚えておけば、天才に勝てることもあるのです。

そこが、スポーツの面白さでもあります

Follow me!

関連記事

  1. 朝、トレーニングがてら競歩で歩いているときの出来事 その2 道を…
  2. 履いて試してみれば分かります。マラソンで厚底ブームですが、ウォー…
  3. ジャカルタ アジア大会の持つ意味
  4. 先入観を外せば、みんなもっと速く歩ける
  5. 全力で歩く 筋肉痛になるロジックと 筋肉痛になった場所
  6. 決戦!東京五輪50㎞競歩代表!最後の1枠 最強と最速に続く3人目…
  7. 10㎞を47分台で歩いた(競歩)したとき、キツイ感じたときに意識…
  8. 塩谷 の想い 大会は主催者と参加者、両方の想いがつくるもの
PAGE TOP
PAGE TOP