ブログ

競歩をしたら凹む身体の部位とは? ZIPのメダルラッシュをより楽しんで見るために④

競歩はよく「お尻を振っている」っと言われますが

実際はお尻は振っていません。

振っているように見えるだけで、実は骨盤を前後に動かしているだけです。

骨盤を前後に動かすことによって、腰が足を前後に運んでくれます

だから、足の力だけでなくお尻とか胴体回り(体幹と言います)を使って歩くので速く歩けるのです。

胴体(お腹)もそうですが、大腰筋という骨盤の中の筋肉を使うので、特に下腹部分は鍛えられるので凹んできます

下腹部(下腹)が気になる方は骨盤を使って歩くのをお勧めします。

昨日の放送で、ルームランナーを歩きながら時速5.5㎞くらいで

「いつもこれくらい東京歩いてますよ」っと神宮寺さんが話してました

放送ではここで止まってましたが、実はこの続きがあり

ス)「え、そんなに普通に街中を歩いているの?」

神)「僕はけっこう普通にその辺歩いていますよ」

なんて会話が続いて和やか〜に撮影してました。

 

いよいよ、本日は最終回

神宮寺さんタイムを3秒ほど速くなりましたが、正直タイムを縮めるのは無理だと思ってました。

3時間に及ぶ撮影で、競歩の基礎トレをして、円盤で悪戦苦闘し、しかも坂道ダッシュ10本

その最後に疲れた身体で100mでタイム縮めるって(苦笑)

しかし、見事にタイムを縮めたのは驚きです

やはり、細いけど体力はあるな、っと感じるに充分なタイム更新でした

しかもフォームも良くなってる!さすがだと思います!

Follow me!

関連記事

  1. 世界陸上ロンドン大会の競技スケジュールの持つ【深い】意味
  2. 委嘱状が2通、届きました。
  3. 競歩式ランで難しいこととは。。。
  4. 地面を蹴らないことが 速く走れる・速く歩ける そして、ふくらはぎ…
  5. 実はいくつかのYouTubeでチャンネルを持っていて、その1つを…
  6. 速く腕を振れば、速く前に進むのか?
  7. パーソナルウォーキングジム 変形膝関節症の女性ですが20㎞
  8. 東京での初100㎞ウォークで、ちょっと懸念していること
PAGE TOP