ブログ

10㎞をウォーク、速く歩くためにバリエーションをつけて歩く その中身とは?

今日は10㎞を歩く中で、

ビルドアップ(徐々にペースを上げる)

500m×2のインターバル(休憩は心拍数120までまって)

というトレーニング。

 

最初の1㎞ウォームアップラン。

先週の自重トレーニングの筋肉痛がまだまだあり、身体が固い

2㎞~7㎞まではビルドアップウォーク

6’03-6’08-6’00-5’32-5’31-4’58 タイム

143-148-154-155-163-171 平均心拍数

88-84-86-93-98-103 歩幅(㎝)

2.2-2.3-2.2-2.2-2.6-2.6 上下動(㎝)

というデータでした。

 

ショックだったのは500m

500m 2’18-2’22 3.2-3.0上下動(㎝)

タイムが前回より伸ばせませんでした。呼吸的にいっぱいな感じ。

やや坂道だったのは、ありますが感覚的には2’05と思っていたので(苦笑)

 

気持ち的には、スピード練習したいですが

42㎞以上を歩くので、素直に長い距離を頑張ります

 

ただ、今日はフォームで「膝の弓」が上手く引けた感じはありました

※またいずれ解説します

それは収穫でした!

 

Follow me!

関連記事

  1. 100kmウォークに向けて、まずは自分のフォームを確認するべき。…
  2. 競歩選手の100㎞10時間切りを、100㎞ウォーカーはどう参考に…
  3. 走ると、どうしても膝が痛くなる方へ 2017年に書いたブログ
  4. 動画付き競歩講習会in代々木公園 2020年6月
  5. ランからウォークは難しく、ウォークからランがやりやすい理由
  6. 競歩で足首はどう使うか?
  7. 週1回程度のウォーキング で、最大何kmまで歩けるのか?
  8. 呼吸がきつくなった時にしたいこと
PAGE TOP