ブログ

ウォーキング初心者が痛めやすい、腰・膝・足裏

歩いていて、「どこかが痛くなる!」

という方は、明らかに歩き方(歩くフォーム)が悪いです。

 

ランニングの場合は、ジャンプをするという要素があるので

身体への負担の少ないフォームで走ったとしても

脚を痛める場合はあります

 

ウォーキングの場合は、この「跳ぶ」が無いので、足が痛くなる!は

明らかに「足を痛める理由」を作って歩いています。

 

腰が痛くなる、という方は、反り腰が主な原因

反り腰とは、お尻が極端に出てしまい、腰からお尻にかけての湾曲が強い

 

膝が痛くなる、という方は着地で膝を深く曲げて衝撃を吸収して歩く

 

足裏が痛くなる、という方は、つま先で地面を強く蹴りすぎている

などなど。

 

ウォーキングを始めようという方はぜひ気を付けてください

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングや競歩で、気を付けて下さい。歩幅の長さ=地面を蹴り続…
  2. ウォーキング 腕振りの仕方、肘を曲げるのに慣れると脇が動くのが分…
  3. マスターズで一番多い違反、「ベントニー」 その対策で出来ること
  4. WEB無料講習会 競歩初心者メニュー講座 ご質問をいただいている…
  5. 答えの出し方の方法は決して1つではない
  6. ウォーキング(競歩)で、速く歩こうとするときに、意識していること…
  7. 40・50代からマラソンではなく、ウォーキング・競歩を始める方の…
  8. 水分を摂ってもトレーニング後に水分を摂りたくなる・水のシャワーを…
PAGE TOP
PAGE TOP