ブログ

自己記録を更新する事の意味と意義

距離が何キロであろうとも、

今までも自分より速く歩けてゴールできたときに

「達成感」を感じることは多いと思います。

 

自己記録を更新するという事は、今までの自分よりも「成長した証」です。

自己記録は誰かと比べて達成できるものでは無く

あくまでもライバルは自分。

自分に勝って残念に想う人はいないはずです。

もし、誰かとの競争に勝てたとしても、

自分の納得のいくパフォーマンでなければ「くやしさ」は残ります

もちろん、誰かとの競争であったとして自己記録を更新して負けたとしても

納得が出来る「負け」になるでしょう。

 

自分に負けるという事は悔しいこと。

自分に勝つというのは何よりも大きな達成感を与えてくれます。

「自分を超えることができた!」

 

ウォーキングだけでなく、この自分に勝った成功体験は

誰かに勝った成功体験より、多くのものをその人に与えてくれます。

自己記録は出すという事は「意味」も「意義」もあることなのです。

Follow me!

関連記事

  1. パーキンソン病の方とのウォーキングジムパーソナル②
  2. 男子20㎞競歩 東京五輪、強豪海外勢は?イケメンが日本選手に立ち…
  3. 初マラソン、「実は最初から歩いた方がもっと早くゴールできたのじゃ…
  4. 彼はスーパーヒーロー。鈴木雄介選手の50㎞競歩代表”辞退”に想う…
  5. 講習会の参加心得 そりゃー講師の責任です
  6. 東京五輪競歩TV解説裏話 解説者の五輪放送期間中の食生活
  7. 2019年 日本選手権20㎞競歩レビュー
  8. 心拍数と痛みの話
PAGE TOP
PAGE TOP