BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキングで上下動を小さくするために、気を付けたいこと

前に進むときに、気を付けたいのは「上下動」

 

やはりスムーズな重心移動の一番の妨げになります。

前に進み難いのもそうですが、一番は「ブレーキを掛ける動作になる」ということ。

ブレーキを掛けるとどうしても

・身体への負担が大きくなる

・スピードを殺してしまう

・連動した動作になり難くなる

など、様々な欠点が生まれます。

 

では、上下動が起きないためにしたいことは主に2つ

・地面を蹴らない

・着地の衝撃に負けて、膝の屈曲で着地をしない

です。

他にも要因はいろいろとありますが、

主にこの2点が上下動を作ります。

 

上手に上下動なく歩いている目安は3㎝以内。

4㎝~5㎝で普通

6㎝以上だと怪我の無いように気を付けて下さい。。。

というところでしょう。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩 でフォームをチェックするときはスローで見るべ…
  2. ウォーキング 競歩では背の高い方が圧倒的優位なのか?
  3. 免疫力UPの食事メニュー 日本陸連が選手向けに情報発信
  4. 東京エクストリームウォーク 100㎞ウォーキングで気を付けたいフ…
  5. 【速く(早く)歩く】上手く歩けているときは、足は「勝手に前に」出…
  6. 50代女性が、いつまでも自分の足で「好きな場所へ行き」「好きなこ…
  7. #速く歩けない という方が陥りやすい、速く歩けない理由は? #変…
  8. 歩いてサブ4 は、無理ではない、大変だけど、、、
<<
PAGE TOP