ブログ

ウォーキングで上下動を小さくするために、気を付けたいこと

前に進むときに、気を付けたいのは「上下動」

 

やはりスムーズな重心移動の一番の妨げになります。

前に進み難いのもそうですが、一番は「ブレーキを掛ける動作になる」ということ。

ブレーキを掛けるとどうしても

・身体への負担が大きくなる

・スピードを殺してしまう

・連動した動作になり難くなる

など、様々な欠点が生まれます。

 

では、上下動が起きないためにしたいことは主に2つ

・地面を蹴らない

・着地の衝撃に負けて、膝の屈曲で着地をしない

です。

他にも要因はいろいろとありますが、

主にこの2点が上下動を作ります。

 

上手に上下動なく歩いている目安は3㎝以内。

4㎝~5㎝で普通

6㎝以上だと怪我の無いように気を付けて下さい。。。

というところでしょう。

Follow me!

関連記事

  1. 骨盤を柔軟に動かすために意識すべきこと
  2. 身体に負担を掛けないように歩く ウォーキングで疲れない歩き方
  3. 体力を戻したい!という方、無理なくウォーキングから始めてみましょ…
  4. マスターズ陸上 初めて3000m競歩に挑戦した! そこにある感動…
  5. 【ウォーキング】距離?速さ?自分自身のウォーキングのレベルアップ…
  6. 競歩、膝を伸ばすことで大切な事
  7. ウォーキングのペースを上げるのに「力」を使わない理由
  8. スポーツドリンクは薄めた方が良いの?
PAGE TOP
PAGE TOP