BLOG

ウォーキングブログ

リラックスして脚を前に出す感覚を、ゴルフで例えると。。。

ウォーキングで、「脚を前に出す」という事を

意識的に行うことはブレーキが掛かりやすく、オーバーストライドになります。

 

もちろん、どんなウォーキングフォームも競歩も含めて脚は前に出ています。

 

上手に歩くために、脚が前に出すという事は、ゴルフで言えば「フォロースロー」のようなもの

力を入れて行うものでは無いけど、とても大事なインパクトの後の動作です。

重心を載せて後ろに蹴りだす、という動作と

その反動を使ってリラックスをして振り出すという動作をする

「一歩を生み出すため」

全てがセットになっている、ということです

 

と、書いてみたものの、

脚の振出をどう表現すれば良いのかな?っと考えていて

YouTubeの動画をいろいろ見ていて、これは伝わるかも!

っと思って書きました。

 

私自身はゴルフをしたのは片手で足りるくらいですが(笑)

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーク(競歩)時速10㎞で、上下動【1.2㎝】と判断される
  2. 何年も速く歩き続ける為に
  3. ウォーキング スピードが速くなるために、持つべき感覚
  4. YouTube動画UPしました! 理学療法士監修 #変形性膝関節…
  5. 肘を曲げたウォーキングで初心者がつい失敗してしまう事
  6. スポーツの上達は、運動神経ではありません。洞察力・表現力・再現力…
  7. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
  8. 競歩 の 歩き方 ④ リラックスした足の振出
<<
PAGE TOP