ブログ

パーキンソン病の方のウォーキングトレーニングで、ウォーキングの仕方の前に意識してもらったこととは?

パーキンソン病の方のウォーキングトレーニングです。

歩幅が短くなるのは、パーキンソン病の方の歩行の仕方として

典型的な動作です。

 

歩幅には、「広げ方」があります。

ですが、その前に大事なのは「(足裏の)どこに立つか?」

 

これは、かなり個人差の大きいので一概に「どこに立てばいい」

と言えない部分があります。

 

立ち方が決まれば、あとは体幹の筋力を動き始めとして

身体を前に押し出す、という

競歩の速く歩くための技術を活用してもらえれば

動画のようにスムーズに歩けます

Follow me!

関連記事

  1. 【ウォーキング】脚を振り出し着地して抜くまでの感覚が左右で何か違…
  2. ウォーキング や 競歩で つま先を挙げてかかと着地をしようとする…
  3. 古希(70歳)を迎えて競歩に出会った女性のストーリー
  4. 骨盤を柔軟に動かすために意識すべきこと
  5. 【ウォーキング】変形膝関節症の方をサポートしていて元気にウォーキ…
  6. ウォーキングを始めようとする人が、意識したい下半身の身体を動かす…
  7. 「変形性股関節症」「変形性膝関節症」には、早めに対処しよう!
  8. ウォーキングの前に、やりたいエクササイズ
PAGE TOP
PAGE TOP