BLOG

ウォーキングブログ

10年経ってようやくロンドン五輪8位のテープを切る、というドーピングの残酷

2012年ロンドン五輪女子20㎞競歩金メダリスト ラシュマノワ選手が

ドーピング違反で金メダルをはく奪されました。

開催から10年も経ってます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eac2a00217b14d7c00d30c8206103bf3267082ba

 

ちなみに、、、

記事の通りロンドン五輪銀メダルを獲得したカニスキナ選手もドーピング違反で銀メダルはく奪

5位に入った同じくロシアのキルディアプキナ選手もドーピング違反で失格

 

このキルディアプキナ選手の夫で、ロンドン五輪男子50㎞競歩で金メダルを獲得した、キルディアプキン選手も

ドーピング違反で金メダルをはく奪されています。

 

ロシアという国の競歩選手が、ドーピングに対して如何に甘いか?

が分かると思います。

 

10年以上前に8位でゴールしていたはずの、渕瀬選手は10年経ってようやくロンドン五輪8位入賞のゴールラインを切りました

1年間サポートし続けたジャレドタレント選手も50㎞競歩で繰り上がり金メダル

 

ドーピングの罪は、深く

ロシアの選手が世界のアスリートから信頼される日は来るのだろうか?っと思います。

 

Follow me!

関連記事

  1. 時速7㎞以上で10㎞ウォーキングするためのシンプルな基礎トレ 坂…
  2. 抜くべきか?、つくべきか? その1
  3. すみません、鼻声です… 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑥
  4. #東京マラソン 5時間20分での「完歩」おめでとうございます!
  5. 女子マラソン、19年ぶりの日本記録更新! 競歩TV解説者が思うこ…
  6. サッカー日本代表の代わりにボヤいてみました
  7. 変形膝関節症 内側に曲がっても、ウォーキングは出来ます!60代女…
  8. 陸王と現実の実業団とのギャップに想ふ
<<
PAGE TOP