ブログ

10年経ってようやくロンドン五輪8位のテープを切る、というドーピングの残酷

2012年ロンドン五輪女子20㎞競歩金メダリスト ラシュマノワ選手が

ドーピング違反で金メダルをはく奪されました。

開催から10年も経ってます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eac2a00217b14d7c00d30c8206103bf3267082ba

 

ちなみに、、、

記事の通りロンドン五輪銀メダルを獲得したカニスキナ選手もドーピング違反で銀メダルはく奪

5位に入った同じくロシアのキルディアプキナ選手もドーピング違反で失格

 

このキルディアプキナ選手の夫で、ロンドン五輪男子50㎞競歩で金メダルを獲得した、キルディアプキン選手も

ドーピング違反で金メダルをはく奪されています。

 

ロシアという国の競歩選手が、ドーピングに対して如何に甘いか?

が分かると思います。

 

10年以上前に8位でゴールしていたはずの、渕瀬選手は10年経ってようやくロンドン五輪8位入賞のゴールラインを切りました

1年間サポートし続けたジャレドタレント選手も50㎞競歩で繰り上がり金メダル

 

ドーピングの罪は、深く

ロシアの選手が世界のアスリートから信頼される日は来るのだろうか?っと思います。

 

Follow me!

関連記事

  1. 2022世界陸上オレゴン大会 放送席から見た男子20㎞レビュー …
  2. 40代以降で競歩をしようとすると苦労する、、、膝を伸ばすというこ…
  3. 弾丸長野ツアー、競技会に参加してきました
  4. 選手は、コーチの名声を高めるための道具ではない
  5. ウォーキング のフォーム(歩形)の重要性
  6. スポーツの「気合」「根性」
  7. youtube更新しました! 解説!時速12㎞ウォーク(競歩)
  8. リオ五輪 代表選手 紹介 20km 競歩 その1
PAGE TOP
PAGE TOP