ブログ

上半身と下半身の連動のために!

腕振り=脚の動き、です。

腕を1回振るたび、2歩進む、という方はいないでしょう

つまり、腕を振るということは、脚を動かす、ということです。

 

腕を引くという事は、引いた腕をと反対側の脚を引く、ということ

この同調性はとても大事です。

この同調性が出来てくると、「腕で歩く」という感覚が掴めてきます。

 

もし、その感覚が掴めない!という方は、一つ大事なことを忘れている

ということです。

 

そういえば、今日はパーソナルの受講者の方に

「柳澤さんの言っていることを理解するのに苦労しました」

って、言われました(笑)

けど、身体を動かしていると「あ、このことだ!」っと気が付く瞬間があり

それがとても嬉しいそうです。

 

分かりやすい言葉だけでなく、、ちょっと難しい言葉を投げかけて

体感する喜びを知ってもらる。

これはこれで、トレーナーとして嬉しいものです

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 寒さ対策は、「痛み対策」
  2. ふくらはぎは第2の心臓
  3. ウォーキング&ラン 効果を上げるメニュー④ 【達人(ベテラン編)…
  4. 男子20km競歩 世界競歩チーム選手権 団体金メダル 解説!
  5. 在宅ワークでお疲れの皆様へ
  6. 関東学生陸上競技対抗選手権、10000m競歩で久しぶりの優勝。失…
  7. しおや100㎞ウォーク、2年連続トップに東京エクストリームウォー…
  8. ウォーキングで速く歩けた時に、感じる感覚
PAGE TOP
PAGE TOP