BLOG

ウォーキングブログ

上半身と下半身の連動のために!

腕振り=脚の動き、です。

腕を1回振るたび、2歩進む、という方はいないでしょう

つまり、腕を振るということは、脚を動かす、ということです。

 

腕を引くという事は、引いた腕をと反対側の脚を引く、ということ

この同調性はとても大事です。

この同調性が出来てくると、「腕で歩く」という感覚が掴めてきます。

 

もし、その感覚が掴めない!という方は、一つ大事なことを忘れている

ということです。

 

そういえば、今日はパーソナルの受講者の方に

「柳澤さんの言っていることを理解するのに苦労しました」

って、言われました(笑)

けど、身体を動かしていると「あ、このことだ!」っと気が付く瞬間があり

それがとても嬉しいそうです。

 

分かりやすい言葉だけでなく、、ちょっと難しい言葉を投げかけて

体感する喜びを知ってもらる。

これはこれで、トレーナーとして嬉しいものです

Follow me!

関連記事

  1. 66才 女性 ウォーキング テン8(時速8kmで10km)は、ト…
  2. ウォーク(競歩)時速10㎞で、上下動【1.2㎝】と判断される
  3. ウォーキング・競歩で、リズムよく歩くために気を付けたいこと
  4. 脳に効く ウォーキングの講演をします!
  5. 前十字靭帯が無く、変形膝関節症でも10㎞を57分で走る
  6. 変形膝関節症でも30㎞を歩けるのです 65才女性
  7. 東京エクストリームウォーク参加者からのお礼メール
  8. 500m 1分46秒で ウォーク 久しぶりの全力疾「歩」
<<
PAGE TOP