ブログ

日本人が日本人を批判する、矛盾

大坂なおみ選手がテニスの全米オープンで優勝しました。

この快挙に多くの人が拍手喝采をしたと思います

 

世の中には、様々な考え方があり

日本人とは?と考えさせられる事もあります

桐島ローランドさんのツイートがニュースになってました

http://news.livedoor.com/article/detail/15283846/

 

今回、相手選手の態度や会場の観客からのブーイングにもめげず

それを、非難することも無く、正々堂々とした姿に

「日本人」のもつ謙虚さや強さを大坂選手に感じた方も多かったはず

彼女は立派な「大和撫子」でした

 

そして、こんな記事もありました

https://www.pasonacareer.jp/hatalabo/entry/2018/04/25

最近、日本ではスポーツの弊害と言われている徒弟制を肯定し

日本人以上に日本の良さを大切にしている外国の方もいます。

 

大坂選手を日本人と思えない方は、日本人らしい振舞いをできない

日本人にも同様に拒否反応をしめさないと、おかしな気がします。

ですが、そもそも大坂選手を批判するツイートしている時点で

「日本人らしくない」気がします。

 

ダルビッシュ有選手・ケンブリッジ飛鳥選手・大坂なおみ選手などなど

少なくとも、私にとっては「日本のために活躍してくれいている、日本人のアスリート」です。

Follow me!

関連記事

  1. 先入観を外せば、みんなもっと速く歩ける
  2. テン6ウォーキングは【競歩】のレースではありません!
  3. 正しいトレーニング、間違ったトレーニングの見分け方
  4. 37度の東京から雨のロンドン 世界陸上ロンドン2017 解説日記…
  5. 日本競歩の展望
  6. 世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩予想
  7. どんな「がん」の予防にウォーキングは役立つのか
  8. 箱根駅伝予選会2019 33年連続出場が途断える
PAGE TOP