ブログ

RWランニング (競歩式ラン)

競歩の講習会をやると、ランナーのご参加も多数あるます。

その皆さんが、仰るのは

「ランニングに競歩の動きは参考にならないか?」

という動機がメインです。

 

もちろん、参考になります。

 

競歩はどちらかの足が地面に着いていなければいけないので

高く浮くという動作では無いので、怪我のリスクが減ります。

骨盤を中心とした、身体動作なので、身体を動かす効率が向上します。

 

RWランニングをオススメしたいのは、

初心者の方、怪我がちな方、体力が無いけどマラソン走ってみたい!という方です。

 

ランニングに慣れている方や、体力がある方には、向かないかもしれません。

それは、どうしても身体の操作を筋力で動かす癖がついているからです。

おそらく、RWランニングをすると「遅く感じる」と思います。(実際は遅くはなりませんが)

身体の操作が効率的になるので、遅く感じやすくなります。

ガムシャラに動かす訳では無いので、余計に遅くなったと思うでしょう。

 

そして、何もこのRWランニングは特別な理論ではありません。

競歩の「歩く技術」を使って、ランニングをする。

それだけの事です。

Follow me!

関連記事

  1. つくば100㎞ウォーク スタッフ樋熊、11時間50分で完歩
  2. ウォーキング スピードが速くなるために、持つべき感覚
  3. 日本陸連もSNSを活用する時代。20㎞競歩の飛躍のために!
  4. 自宅deウォーキング
  5. 冬季五輪の難しさを改めて観戦しながら想う
  6. スポーツ科学をどう捉えるか?
  7. 講習会の参加心得 そりゃー講師の責任です
  8. 自分のウォーキングスピードの最大値を知る② スピードが上手にウォ…
PAGE TOP