ブログ

パーキンソン病の方と ウォーキングトレーニングがスタートします

パーキンソン病の方から、「ウォーキングジムパーソナル」

の参加が決まりました。

 

くれぐれも、お話ししたのは医者・医学療法士ではないので、

〇ウォーキングによって特に症状が改善する訳ではない

〇進行が遅れる訳ではない

という点です。

 

ただ、言えるのは

〇お一人でウォーキングをする訳ではないので、安全

〇その方の体力に合った適切な運動量をアドバス出来る

〇上手な身体の使い方をレクチャーするので、有酸素運動のウォーキングが楽にできる

という点です。

 

1月に医師から「パーキンソン病」と診断され

なかなか、病気をを受けいるれる気持ちになれずに、病院から渡された

「運動を勧める冊子」の内容も、読みはしたが実践はしてこなかったそうです。

 

そこで、私から一つお願いをしたのは、

トレーニングは、病気になったからやるのではなく、

やったことの無いことに、挑戦する!、そのためにやりましょう!

とお話ししました。

 

病気だから、出来ないことが増えたり、不便なことが増えたりすることも

当然、あるでしょう

ですが、だからと言って、何かを「諦める理由」にはなりません。

 

67才 女性
40才からずっと水泳を続けてきて、今年1月に「パーキンソン病」と診断されたときは
「まさか、ずっと運動をしている私が…」と思われて、歩くことも苦手になり
左足を少し引きずるようになり、急激に歩くスピードが遅くなった、とのこと。

目標は「諏訪湖1周」、身体が元気だった頃から、やってみたい!と思っていたそうです。

 

来週後半から、トレーニングがスタートします!

blogでも、トレーニングの様子を載せても良い、とOKを頂いているので

連載していきたいと思います!!!

Follow me!

関連記事

  1. 速く歩きたい!と思うとき、その感情を抑えることが速く歩くことの近…
  2. 【レポート】 ウォーキング講習会in代々木公園 2017年4月
  3. 山手線1周ウォーキングスタイル
  4. 競歩のモーションキャプチャーから分かること③ 身体が一番地面に力…
  5. ウォーキング 競歩 の初心者がトップ選手を見て真似すべきこと 上…
  6. 山手線1周 使用シューズ &懸念
  7. 骨盤を使って歩く 競歩 初心者講習会
  8. 樋熊100キロ挑戦への道④
PAGE TOP