ブログ

世田谷 レガシーの旅は 五輪観戦の練習です

世田谷 レガシーの道

以前、ブログでこんなことを掻いてます。→クリック

 

あれから半年も経ち、まだいろいろと費用負担で

ごにょごにょと開催自治体と揉めているようですが、そんな首長たちの皆さんには

前回のブログを読んで欲しいなぁ、と思います。

 

前回、このコースをウォーキングしたとき

参加者の方は、写真を良く撮ってました。

確かに写真映えするものばかりが多くのこのコースにはあります。

【ゴジラ】【砧公園のモニュメント】【馬事公苑】【桜新町のサザエさん】【双子の給水塔】

などなど。

それだけ見所が多いということです。

 

どれも、ネットで検索をかければ「画像」で観れます。

しかし、それを直接自分の足で歩き、自分の眼で観ることで、「被写体との空間の共有」こそが

大事なのです。

 

2020東京五輪も、せっかく東京でやるんだから、どんな競技でも良いので「選手と空間の共有」

つまり、現場での観戦をして欲しいです。

同じ空間にいるからこその空気感で、何かを感じ取れること間違いなしです

 

インターネットで何でも、少し調べれば「観る」ことが出来る社会になったからこそ

こういう生身の企画は、皆さんに楽しんでもらえると思います。

 

Follow me!

関連記事

  1. 今の時期に熱中症対策をする大切さ
  2. 五輪のスタート時間は誰のもの?
  3. 競歩を引退した選手、サブ3でマラソンを走る…のに困る
  4. 100㎞ウォーク 初心者もベテランもレベルアップしていく時代にな…
  5. パーキンソン病の方とのウォーキングジムパーソナル②
  6. 全3回競歩講習会でのフォーム撮影は、難しく・楽しく・ためになる
  7. 無責任な批判、スポーツを見てるとしたくなりますが「リスペクト(敬…
  8. 日本競歩の展望
PAGE TOP