ブログ

競歩 の 歩き方 ④ リラックスした足の振出

競歩で歩き方で、歩こうとすると難しいと感じる部分があります。

それは、膝を伸ばす。ということ。

競歩のルールで

「着地した足は、その膝が垂直になるまで伸びていなければいけない」

というルールがあります。

 

ゆっくりであれば、まったく問題ないのですが

少しでも速く歩こうとすると、意外に難しく

膝が曲がったまま着地をしてしまう人がほとんどです。

 

ゆっくりの時は、膝を伸ばすことが出来

速い時には、膝を伸ばすことが出来ない

 

なぜ、そんなことがおきるのか?

 

 

 

それは、速い時に力任せに歩いてしまい、リラックスが作れていないからです。

実際にやってみると分かると思いますが。

ゆっくり歩くときに、膝まわりの筋力は抜いて着地し、伸ばすときにグッと膝上の筋肉を使って

伸ばす方がほとんどだと思います。

 

しかし、速いと常に力が入りっぱなしになり、力が抜けず。

膝を伸ばそうにも、膝上の筋力で膝をロックしてしまっているので、伸ばすことが出来なくなるのです。

 

競歩の歩き方を習得するには、まずはゆっくりと歩き、競歩のルールに則った

歩き方でしっかりと歩いて下さい。まずはそこから!です。

Follow me!

関連記事

  1. 筋力に頼らない、歩き方をしよう
  2. テン6ウォーキングは、皆さんが思う以上に簡単です!!!
  3. ウォーキング 競歩では背の高い方が圧倒的優位なのか?
  4. 皆さんのフォームを動画でみて、昔の自分を思い出す
  5. トップアスリートの秘密を解明する研究者の苦悩
  6. 悪い事しかニュース(話題)にならない、そんな社会は寂しので。バト…
  7. 競歩は 脚線美作り ウェストを細くする 最適な エクササイズ
  8. プロ(実業団選手)と一般ウォーカー・ランナーとの差を生むもの
PAGE TOP