ブログ

痛みから知ろう!

ランニングやウォーキングや競歩で、脚が痛くなる

ということをネガティブに捉える方は、多いでしょう

しかし、「痛み」はたくさんを教えてくれます。

 

動きの無駄、力任せな動作、適切でないスピードや練習量(負荷)

が、あるからこそ、痛みにつながるのです。

もちろん、全てが上記の3つが要因、とは言いませんが7割がたは

この3つが起因していると思います。

 

ただ、動きの無駄が無くなれば、スタミナロスが防げます

力任せの動作が無くなれば、「楽」が生まれます。

適切でないスピードや練習量が改善されれば、無駄な疲労をためる必要もありません。

つまり、効果的なトレーニングができます。

 

怪我は、何をどう改善すれば良いのか?を教えてくれるのです。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩と競歩式の反応の違い
  2. 「速く歩く」ということは、健康にとってとても大切
  3. 【レポート】座学!ウォーキング講習会in大岡山 2017年6月
  4. スタミナを生み出す理屈
  5. ウォーキング 競歩 の腕振りの重要性
  6. 行橋‐別府100㎞ 皆さんお疲れ様でした! ゴール後の個人的な楽…
  7. ウォーキングのスピードを即答でアドバイスする人を疑った方が良い理…
  8. ネガティブスプリット ポジティブスプリット
PAGE TOP