ブログ

元五輪競歩選手が教える ウォーキング 競歩 の技術 膝下を振出せるようになると楽に歩けて速くなる

膝下を振り出す、というaruku技術には

とても高度な技術が複合的に使う事が求められます。

 

膝から下を振り出すためには

・リラックスをする
→振出すことを力任せにするのではなく、脱力でおこなう

・重心を支持脚に載せる
→体重を載せることによって、リラックスを生むことが出来る。

・振出して着地したところが、地面で無いといけない
→振出せてもコントロールが効かず、地面より高いところに振出して、上から地面を叩かないように。

この動作が出来るようになると

足を前に出すという事に、力を使う必要が無くなり

推進力にブレーキが掛かり難くなります。

 

もう一つ、この動作をするコツがあります

皆さんも自分の身体を実験材料にして見つけてみて下さい

 

Follow me!

関連記事

  1. 上半身と下半身をかみ合わせて歩けば6’57で1㎞は60代の女性で…
  2. 100㎞を《歩いて》9時間53分04秒でゴール サロマ湖100㎞…
  3. スポニチフォーラム詳細は2月27日紙面にて(ただし東京版のみ、、…
  4. 2007年世界陸上大阪大会 山崎選手への誤誘導事件 競歩のテレビ…
  5. ウォーキング ランニングでの鼠径部の痛み 対処
  6. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  7. 片麻痺の方のウォーキングトレーニングでまずは求めたい「安定性」
  8. 大崎‐新横浜ウォーキング、100㎞ウォーカーを悩ます
PAGE TOP