ブログ

パーキンソン病 手の震えを止める簡単な方法

パーキンソン病の方が、パーソナルで一緒にウォーキングをしている時に

「レジでお金を出すときに、手が震えてしまう…」

ということに困ってました。

これは、パーキンソン病の方には非常に大きな問題です。

皆さんも何かを手渡しされる時に、その相手が手が震えていたらビックリすると思います。

そのビックリした感情は、手が震えてしまっているパーキンソン病の方にも伝わってしまいます。

自分の病気でビックリされてしまうというのは心理的負担です。

 

私がしたアドバイスは…

「お釣りでも何でも手渡しをする時に、肘を横腹に着けて脇を閉めれば振るが小さくなると思います」

とアドバイスをしました。

すると…

「こんな簡単な事でも、手の震えが止まりました!」

っと、とても喜んでもらった報告をもらいました。

 

個人的には簡単なことなので、誰でも簡単に考えられる事、という思い込みがありました。

実際に、こんな対処の仕方は一般的なのでは?と思ってネットで調べると震えの解決の方法は「薬」という対処方法がほとんどでした。

確かに薬は、どんな病気でも対処療法です。

しかし、薬はリスクが伴いますし、速攻でその場で治るというものではありません。

 

簡単な身体の使い方で病気の方が喜んで頂ける。これは、私にとっても凄く嬉しいことです。

「自分の当たり前を疑え!」

だなっと、改めて思いました。

 

Follow me!

関連記事

  1. ランの後でも、太ももの前が筋肉痛にならない方法
  2. コース選択が足首・ふくらはぎにダメージを及ぼすことも
  3. ウォーキング講習会in代々木公園で想う 講習心得
  4. 続 速くウォーキングしたい人に世界陸上で観て欲しい 選手の身体の…
  5. 9割女性参加者にみる、女性の強さと美しさ
  6. 競歩のモーションキャプチャーから分かること①
  7. 競歩 ウォーキングで「骨盤を立てる」ことがなぜ大事なのか?
  8. 山手線1周ウォーキングスタイル
PAGE TOP