ブログ

ウォーキング 足をどうやって前に運ぶか?

ウォーキングでは足をどうやって前に運ぶか?

なかなか渋い質問を受けました。

足の運び方は、「骨盤を使えることが出来無い方」と「骨盤を使うことが出来る方」で

意識の仕方が違ってくるからです。

 

まず、世間一般的な「骨盤の使うことが出来ない方」は

やってはいけない事から説明すると

・足を持ち上げない

・つま先で地面を蹴って足を前に出そうとしない

この2点はしないようにします。

そうなると、脚を持ち上げないので大腿四頭筋を使うという事が無くなります。

地面を蹴らないので腓腹筋を過剰に使うことも無くなります。

 

では、どうやって前に進むのか?

体重を蹴る(踏み出す)足に載せて前傾をすることで身体は勝手に前に進みます。

 

片脚ずつ練習をしてみれば分かりやすいと思います。

両足を揃えて立ち、片方の脚だけ軽く浮かせます。

立っている足に重心をしっかり載せて、身体を傾ける自然と浮かせた方の脚は前に出ます。

その浮かせた方の脚は、無理に浮かせるわけでもなく、

地面をすべるようにして振出され、無意識的に前に出て着地をします。

 

緊張とリラックスさえ出来ていれば、上記の通りの動きが出来るはずです。

「あ、なるほどこんなに自然が脚が前に出るものか!」と気が付いてもらえるはず!。。。です。

 

骨盤を上手に使える方の話はまたの機会に!

 

Follow me!

関連記事

  1. 身体を動かすために持ちたい「極意」
  2. 超 初心者のためのウォーキングコラム 歩くスピードをあげる
  3. 急激な気温の低下が疲労を生む理由
  4. 歩いてるの?走っているの?誤解されないウォーキングの仕方
  5. 100kmウォーク 11時間台はすぐそこまで来ています
  6. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  7. この時期のウォーキングでちょっと気を付けたいこと(ウェア編)
  8. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!HP表紙写真から探…
PAGE TOP