ブログ

ウォーキングで速いペースを維持するために腕振りを見直そう!

ウォーキングの腕振りは、難しいです。

力を入れずに腕を振れるようにならないと、

スピードを出そうとして、腕を曲げたときに

どうしても「力」が入った力んだ腕振りになります。

 

スピードが長続きしない方の多くはこの腕振りに原因があります。

力が入った腕振りは、ある程度の距離はスピードを出すのに

大きな力を発揮しますが、力任せなのですから

長く続く、ということはありません。

 

ペースを持たすためには、力任せでない腕振りが絶対条件になるのです。

 

そもそも、腕を振るのに力で《前後》に振る必要はあるのでしょうか?

力任せの腕振りで重心が身体の中心からブレてはいないのか?

そのことを考えて、楽に腕を振れるようになることが大切です

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング初級者・中級者が、ウォーキングを評価するのに最適なイ…
  2. しおや100㎞ウォーク 男女で1位
  3. ウォーキング・競歩で 身体の使い方の感覚を合わせる、難しさと楽し…
  4. 一般的なウォーカーは膝を伸ばすのが苦手ですが、伸ばした方がメリッ…
  5. 全3回競歩講習会でのフォーム撮影は、難しく・楽しく・ためになる
  6. 最近のスポーツのパワハラ問題の根っこにあるもの
  7. 確実に、録画で観るのと、LIVEで観るのを間違えた気がする件
  8. 自分のウォーキング 競歩 のフォームをどう修正すれば良いかがすぐ…
PAGE TOP