ブログ

ウォーキングで速いペースを維持するために腕振りを見直そう!

ウォーキングの腕振りは、難しいです。

力を入れずに腕を振れるようにならないと、

スピードを出そうとして、腕を曲げたときに

どうしても「力」が入った力んだ腕振りになります。

 

スピードが長続きしない方の多くはこの腕振りに原因があります。

力が入った腕振りは、ある程度の距離はスピードを出すのに

大きな力を発揮しますが、力任せなのですから

長く続く、ということはありません。

 

ペースを持たすためには、力任せでない腕振りが絶対条件になるのです。

 

そもそも、腕を振るのに力で《前後》に振る必要はあるのでしょうか?

力任せの腕振りで重心が身体の中心からブレてはいないのか?

そのことを考えて、楽に腕を振れるようになることが大切です

Follow me!

関連記事

  1. 初心者も参考にしたい時速8㎞のフォーム解説
  2. 競歩でゴールしたから、自分のフォームが良いフォームだと思うのは誤…
  3. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキングしてい…
  4. ウォーキング 競歩で胴体の使い方
  5. 純日本人?とは???
  6. インタビュアーが盛り上がれば盛り上がるほど、盛り下がる・・・
  7. 競歩式ラン 競歩講習会 競歩の技術の習得は楽しい!
  8. 世田谷 レガシーの旅は 五輪観戦の練習です
PAGE TOP