ブログ

ウォーキングで速いペースを維持するために腕振りを見直そう!

ウォーキングの腕振りは、難しいです。

力を入れずに腕を振れるようにならないと、

スピードを出そうとして、腕を曲げたときに

どうしても「力」が入った力んだ腕振りになります。

 

スピードが長続きしない方の多くはこの腕振りに原因があります。

力が入った腕振りは、ある程度の距離はスピードを出すのに

大きな力を発揮しますが、力任せなのですから

長く続く、ということはありません。

 

ペースを持たすためには、力任せでない腕振りが絶対条件になるのです。

 

そもそも、腕を振るのに力で《前後》に振る必要はあるのでしょうか?

力任せの腕振りで重心が身体の中心からブレてはいないのか?

そのことを考えて、楽に腕を振れるようになることが大切です

Follow me!

関連記事

  1. 脳梗塞 半身麻痺からのウォーキング ①
  2. 子供・孫の後ろ姿に学ぶ 競歩はウォーキングの延長線上???
  3. 九州の皆様 アンケートの回答、お待ちしております! 印象に残った…
  4. 20㎞競歩 でメダルを獲得するための合宿というのが本題の合宿です…
  5. 【座学】ランニング・ウォーキングのための心拍数を活用した、トレー…
  6. 脳に効く ウォーキングの講演をします!
  7. 競歩式ラン 競歩講習会 競歩の技術の習得は楽しい!
  8. ビルドアップウォークは楽しい!?
PAGE TOP