ブログ

ウォーキングで速いペースを維持するために腕振りを見直そう!

ウォーキングの腕振りは、難しいです。

力を入れずに腕を振れるようにならないと、

スピードを出そうとして、腕を曲げたときに

どうしても「力」が入った力んだ腕振りになります。

 

スピードが長続きしない方の多くはこの腕振りに原因があります。

力が入った腕振りは、ある程度の距離はスピードを出すのに

大きな力を発揮しますが、力任せなのですから

長く続く、ということはありません。

 

ペースを持たすためには、力任せでない腕振りが絶対条件になるのです。

 

そもそも、腕を振るのに力で《前後》に振る必要はあるのでしょうか?

力任せの腕振りで重心が身体の中心からブレてはいないのか?

そのことを考えて、楽に腕を振れるようになることが大切です

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング、と言えど、その人に合った適切な距離と速度がある
  2. 山手線1周ウォーキングスタイル
  3. マラソン日本最高記録に想う、日本マラソン界の本当の敵とは・・・
  4. 確実に、録画で観るのと、LIVEで観るのを間違えた気がする件
  5. 競歩 ウォーキングで「骨盤を立てる」ことがなぜ大事なのか?
  6. 100㎞ウォークで最初は飛ばさない方が良い理由 乳酸の話のつづき…
  7. 平昌五輪の閉会式を観て想う事
  8. 100㎞ウォーキング 12時間台達成より、嬉しかったコメント
PAGE TOP