ブログ

ウォーキングで速いペースを維持するために腕振りを見直そう!

ウォーキングの腕振りは、難しいです。

力を入れずに腕を振れるようにならないと、

スピードを出そうとして、腕を曲げたときに

どうしても「力」が入った力んだ腕振りになります。

 

スピードが長続きしない方の多くはこの腕振りに原因があります。

力が入った腕振りは、ある程度の距離はスピードを出すのに

大きな力を発揮しますが、力任せなのですから

長く続く、ということはありません。

 

ペースを持たすためには、力任せでない腕振りが絶対条件になるのです。

 

そもそも、腕を振るのに力で《前後》に振る必要はあるのでしょうか?

力任せの腕振りで重心が身体の中心からブレてはいないのか?

そのことを考えて、楽に腕を振れるようになることが大切です

Follow me!

関連記事

  1. テン6ウォーキングが教えてくれること
  2. 競歩 ウォーキングは技術種目だからこそ、誰もが苦労する「フォーム…
  3. 少人数制動画付き講習会が好評な理由は・・・
  4. 箱根駅伝 母校の解散式に想う
  5. なぜ、ウォーキングジムパーソナルだと上達が速いのか?筋肉より先に…
  6. ウォーキングを向上させるトレーニング方法② 自分のウォーキングフ…
  7. 冬のウォーキングウェアは機能性で選べ!
  8. 自分のウォーキングスピードの最大値を知る② スピードが上手にウォ…
PAGE TOP