ブログ

ウォーキング ランニングでの鼠径部の痛み 対処

鼠径部といっても分かり難いかもしれません。

場所的には、内またの股間の付け根部分です。

詳しくは、ネットで検索するとすぐに分かります。

 

実はここはサッカー選手に多い故障で、

20㎞競歩の世界記録保持者の鈴木選手もここの故障で長期離脱を余儀なくされました。

 

過度に内側に脚を絞り込む(内側に深くねじる)動作で大きな負担が掛かります。

それが繰り返されることによって挫傷・炎症・疲労骨折となります。

 

では、負担を軽減するにはどうすれば良いか?

単純に内側への脚の絞り込みをしないようにすること

つまり、2直線歩行をすることです。

そうすることで、痛みは改善します。

 

鼠径部が痛いという方はぜひ気を付けてみて下さい。

 

Follow me!

関連記事

  1. 金メダリストって、どんな人だと思いますか?
  2. なぜ、ウォーキング(競歩)が遅いのか?を見つけるのも速くなる方法…
  3. 明けましておめでとうございます! いよいよ東京五輪
  4. ウォーキングの時にモモ裏で感じて欲しい感覚
  5. ウォーキングを 変形膝関節症だからと言って諦める理由はありません…
  6. ウォーキングかランなのか?それを判断するシンプルな方法
  7. 科学的根拠より、先入観によるマナーが優先される状況ですが、知って…
  8. 行橋別府100㎞ウォーク参加の皆さんからの嬉しい報告メールをたく…
PAGE TOP
PAGE TOP