ブログ

片麻痺(脳梗塞)の方に、ウォーキング(Aruku)技術を高めるためにしてもらった、シンプルな方法

杖を使って歩くことから、足を使って歩くことに
徐々に慣れていく

・ゆっくり歩くこと

このことに重点を置いて、歩いてもらいました。

「ゆっくり歩く」は、一歩にしっかりと立つと言うことへの意識付けです。
どうしても、杖を頼って歩くことが長かったので、
杖を頼って歩く癖がついています。
そうなると、杖に何かあった時に転倒のリスクが高まります。

杖を頼らないようにするには、ゆっくりで良いので
自分の両足をメインで歩く(ウォーキング)することが重要です。

もちろん、杖はついてもらいますが、メインではなく補助的に。

ゆっくり歩くことは、一歩一歩にしっかり立つと同時に
ゆっくりなので自分の歩くフォームに意識を置きやすいというメリットがあります
〈踏ん張る〉〈持ち上げる〉〈着地する〉
この一連の動作を自覚しながら身体操作ができるのは、ウォーキングの技術を高めるために
とても効果的な方法なのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. スタミナを生み出す理屈
  2. ウォーキング スピードが速くなるために、持つべき感覚
  3. つくば旅③(ゴールまで)
  4. ウォーキングで「姿勢」を意識するだけで、フォームの質が変わります…
  5. ウォーキング や 競歩で つま先を挙げてかかと着地をしようとする…
  6. 2019UWTT 100㎞ウォークタイムトライで感じた、2つのこ…
  7. 100kmをウォーキングで完歩するための呪文
  8. 塩谷100kmウォークと日本選手権50kmの違い、とは。
PAGE TOP