ブログ

脳卒中(脳梗塞)で片麻痺(半身まひ)の方、ウォーキングトレーニングが一般ウォーカーにも上手に歩くヒントとなる話

脳卒中(脳梗塞)の方のウォーキングトレーンング

片麻痺(半身まひ)の方のウォーキングで大事なのは

安全性や安定感、というのはブログで書いてきたとおりです

 

安定感を高める為に、トレーニングしたのは

 

「太ももの内側に立つ」という意識を持つ。

 

太ももの内側に立てば、重心を崩したとしても

倒れるのは内側、つまり反対側の脚側です。

そうなると、よろけてもすぐに反対の脚で支えることが出来ます。

 

逆に外側に重心が乗るようになると、外側に倒れることになり

支えるものが無いので倒れてしまいます。

安定感と安全を生み出せる

 

太ももの内側に立つ、はとても大切です。

 

もちろん、これは健常なウォーカーにも有効です

重心が左右にブレ難くなるので、力の無駄が無くなります。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩 動画付き講習会 大阪参加者からのお声 201…
  2. 講習会の参加心得 そりゃー講師の責任です
  3. 競歩は 脚線美作り ウェストを細くする 最適な エクササイズ
  4. GPS精度はここまで向上 ガーミンの場合
  5. 陸上競技の厳しさに埋もれた、池田選手の凄さ。
  6. レポート ナイトウォーク 東京タワーtoスカイツリー 2017年…
  7. 100kmウォークのためにまずしたいこと 東京エクストリームウォ…
  8. 競歩でフォームの感覚が狂ったとき(不調になった)、心がけたいこと…
PAGE TOP