BLOG

ウォーキングブログ

脳卒中(脳梗塞)で片麻痺(半身まひ)の方、ウォーキングトレーニングが一般ウォーカーにも上手に歩くヒントとなる話

脳卒中(脳梗塞)の方のウォーキングトレーンング

片麻痺(半身まひ)の方のウォーキングで大事なのは

安全性や安定感、というのはブログで書いてきたとおりです

 

安定感を高める為に、トレーニングしたのは

 

「太ももの内側に立つ」という意識を持つ。

 

太ももの内側に立てば、重心を崩したとしても

倒れるのは内側、つまり反対側の脚側です。

そうなると、よろけてもすぐに反対の脚で支えることが出来ます。

 

逆に外側に重心が乗るようになると、外側に倒れることになり

支えるものが無いので倒れてしまいます。

安定感と安全を生み出せる

 

太ももの内側に立つ、はとても大切です。

 

もちろん、これは健常なウォーカーにも有効です

重心が左右にブレ難くなるので、力の無駄が無くなります。

Follow me!

関連記事

  1. 多くの人に聞いて欲しい、サッカー五輪代表 吉田選手の言葉
  2. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 スタート前編
  3. シュワルツェネッガーさん「無意味な戦争の犠牲に」 ロシア国民へ動…
  4. 冬のウォーキングで寒さ対策で実際に着ているウェアの解説
  5. 競歩のルールに骨盤を使って歩け!というルールは無い
  6. ウォーク・ランで自分がどこに足を着地できているか把握できてますか…
  7. 1kmをまずは10分で歩くことは、初心者ウォーカーもベテランウォ…
  8. ナショナルチーム合宿で、想いを馳せる①
<<
PAGE TOP