ブログ

競歩 の 歩き方 ①

「難しい」と思われがちですが、決して難しくはありません。

それは、競歩のルールさえ守れば、それは競歩だからです。

〇どちらかの足が一瞬でも良いから地面に足が設置していること

〇着地した瞬間からその足が、垂直になるまで膝が伸びていなければならない

この二つさえ守れば、競歩。

つまり、「競歩の歩き方」になります。

 

マラソンでもそうですが、走ることは大抵できます。

競歩も、競歩であるくことは大抵できます。

どちらも難しいのは、「速くなる」ということです。

 

競歩の歩き方、まずは2つのルールを守りながらのんびり歩いてみて下さい。

皆さんのイメージのなかにある、腰を振るというのは、速く歩くために必要になってくるので

結果そのように動かしているだけなのです。

 

競歩のフォームは、速く歩くために身体を効率的に使う、フォームです。

一般にも応用が出来て、

ランニングにも
https://www.pro-walkingcoach.com/blog2018/03/12/blog20170312-2

変形膝関節症の方が膝に痛みがなく歩けたり
https://www.pro-walkingcoach.com/blog2018/11/11/blog20181111

脳卒中の方でも、ウォーキングが向上します。
https://www.pro-walkingcoach.com/blog2019/02/04/blog20190204

【講習会・イベントカレンダー】

Follow me!

関連記事

  1. 年賀状についてのご連絡
  2. 競歩でフォームの感覚が狂ったとき(不調になった)、心がけたいこと…
  3. 片麻痺の方のウォーキングトレーニングでまずは求めたい「安定性」
  4. 要らぬ自信を深めてしまった・・・ ロンドン良いところです
  5. 明日は五輪開会式、本来は、、、
  6. 選手は、コーチの名声を高めるための道具ではない
  7. 世界陸上ドーハ 7年振りの日の丸は、日本女子選手初の50km代表…
  8. 世界陸上ドーハ 10年振りの入賞へ!岡田久美子選手!!
PAGE TOP