ブログ

片麻痺(脳梗塞)の方に、ウォーキング(Aruku)技術を高めるためにしてもらった、シンプルな方法

杖を使って歩くことから、足を使って歩くことに
徐々に慣れていく

・ゆっくり歩くこと

このことに重点を置いて、歩いてもらいました。

「ゆっくり歩く」は、一歩にしっかりと立つと言うことへの意識付けです。
どうしても、杖を頼って歩くことが長かったので、
杖を頼って歩く癖がついています。
そうなると、杖に何かあった時に転倒のリスクが高まります。

杖を頼らないようにするには、ゆっくりで良いので
自分の両足をメインで歩く(ウォーキング)することが重要です。

もちろん、杖はついてもらいますが、メインではなく補助的に。

ゆっくり歩くことは、一歩一歩にしっかり立つと同時に
ゆっくりなので自分の歩くフォームに意識を置きやすいというメリットがあります
〈踏ん張る〉〈持ち上げる〉〈着地する〉
この一連の動作を自覚しながら身体操作ができるのは、ウォーキングの技術を高めるために
とても効果的な方法なのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング初心者でも時速7㎞以上に挑戦できる簡単な練習方法
  2. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  3. ウォーキング 競歩で胴体の使い方
  4. 時速12㎞でウォーク 歩きながら考えた、もっと速く歩くためにした…
  5. ウォーキング(歩いて)でサブ5を目指す。まず出来るようになりたい…
  6. 「軽快にウォーキング」そのために必要なこと!軽快にウォーキング出…
  7. 時速6kmのスピードで「ウォーキング」できない方の特徴
  8. 山古志&信濃川ウォーク②
PAGE TOP
PAGE TOP