ブログ

片麻痺(脳梗塞)の方に、ウォーキング(Aruku)技術を高めるためにしてもらった、シンプルな方法

杖を使って歩くことから、足を使って歩くことに
徐々に慣れていく

・ゆっくり歩くこと

このことに重点を置いて、歩いてもらいました。

「ゆっくり歩く」は、一歩にしっかりと立つと言うことへの意識付けです。
どうしても、杖を頼って歩くことが長かったので、
杖を頼って歩く癖がついています。
そうなると、杖に何かあった時に転倒のリスクが高まります。

杖を頼らないようにするには、ゆっくりで良いので
自分の両足をメインで歩く(ウォーキング)することが重要です。

もちろん、杖はついてもらいますが、メインではなく補助的に。

ゆっくり歩くことは、一歩一歩にしっかり立つと同時に
ゆっくりなので自分の歩くフォームに意識を置きやすいというメリットがあります
〈踏ん張る〉〈持ち上げる〉〈着地する〉
この一連の動作を自覚しながら身体操作ができるのは、ウォーキングの技術を高めるために
とても効果的な方法なのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングで両足のバランスが悪く、課題のある脚はもちろん痛い、…
  2. 2018UWTTで学んだこと
  3. ウォーキングで太もも前を使わない!、意識出来ますか?
  4. ウォーキングの身体使い方 NHK‐BS1で放送
  5. 日本中に競歩を知ってもらう旅 番外編①
  6. 行橋~別府エネルギー補給
  7. リラックスして ウォーキング や 競歩 をするために一番重要なこ…
  8. パーソナルトレーニングで驚かれること
PAGE TOP