ブログ

片麻痺(脳梗塞)の方に、ウォーキング(Aruku)技術を高めるためにしてもらった、シンプルな方法

杖を使って歩くことから、足を使って歩くことに
徐々に慣れていく

・ゆっくり歩くこと

このことに重点を置いて、歩いてもらいました。

「ゆっくり歩く」は、一歩にしっかりと立つと言うことへの意識付けです。
どうしても、杖を頼って歩くことが長かったので、
杖を頼って歩く癖がついています。
そうなると、杖に何かあった時に転倒のリスクが高まります。

杖を頼らないようにするには、ゆっくりで良いので
自分の両足をメインで歩く(ウォーキング)することが重要です。

もちろん、杖はついてもらいますが、メインではなく補助的に。

ゆっくり歩くことは、一歩一歩にしっかり立つと同時に
ゆっくりなので自分の歩くフォームに意識を置きやすいというメリットがあります
〈踏ん張る〉〈持ち上げる〉〈着地する〉
この一連の動作を自覚しながら身体操作ができるのは、ウォーキングの技術を高めるために
とても効果的な方法なのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 何年も速く歩き続ける為に
  2. 時速7㎞を心拍数100前後でウォーキング
  3. 一般のランナー・ウォーカーがトップアスリートから《学んだ方が良い…
  4. ZOOM講習会 心拍数を活用したトレーニング(実践トレーニング編…
  5. 手術をしたはずが,、目覚めたら脳梗塞を発症していた ウォーキング…
  6. 東京エクストリームウォーク 17時間台で歩かれた方からのお礼メー…
  7. ウォーキング・競歩、「一歩を大切に」!そのことが技術的に上手に歩…
  8. 佐世保ー島原 トップゴール おめでとうございます!佐世保〜島原ウ…
PAGE TOP