BLOG

ウォーキングブログ

片麻痺(脳梗塞)の方に、ウォーキング(Aruku)技術を高めるためにしてもらった、シンプルな方法

杖を使って歩くことから、足を使って歩くことに
徐々に慣れていく

・ゆっくり歩くこと

このことに重点を置いて、歩いてもらいました。

「ゆっくり歩く」は、一歩にしっかりと立つと言うことへの意識付けです。
どうしても、杖を頼って歩くことが長かったので、
杖を頼って歩く癖がついています。
そうなると、杖に何かあった時に転倒のリスクが高まります。

杖を頼らないようにするには、ゆっくりで良いので
自分の両足をメインで歩く(ウォーキング)することが重要です。

もちろん、杖はついてもらいますが、メインではなく補助的に。

ゆっくり歩くことは、一歩一歩にしっかり立つと同時に
ゆっくりなので自分の歩くフォームに意識を置きやすいというメリットがあります
〈踏ん張る〉〈持ち上げる〉〈着地する〉
この一連の動作を自覚しながら身体操作ができるのは、ウォーキングの技術を高めるために
とても効果的な方法なのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 2020年1月4日 100㎞ウォーク開催! UWTT(ウルトラウ…
  2. 2022年世界競歩チーム選手権 男子20㎞競歩、金メダルと銀メダ…
  3. ウォーキング 競歩で胴体の使い方
  4. 「#速く歩く 」と「#健康」は密接に関係している #ウォーキング…
  5. 100kmウォークでマメが出来て足が痛くなった時、どうする?
  6. ウォーキング 腕振りをトレーニングすることで、出来るようになるこ…
  7. #ウォーキング何分 歩けば良いのか? 膝関節・股関節が痛む方の場…
  8. #Voicy 安全に追い抜かれる方法 #ウォーキング #ランニン…
<<
PAGE TOP