ブログ

ウォーキング中級者以上が気を付けたい、ブレーキを掛けて歩かないことの重要性

ブレーキを掛けない!

前に進むのがウォーキングですから、

その行為を阻害する身体動作をすることは避けたいです。

 

多くの方は、前に進むことをどうするか?を考えます

やはり、速く歩くためにはそれだけでは足りなくなります

前に進むことにどれだけブレーキを掛ける動作をしないか?

も考える必要があるでしょう。

 

100の力を使って前に進もうとするとき

マイナスの動作をしてしまい、100が80にも60にもなってしまいます。

進むスピードを阻害するという事は、速く出せるはずのスピードを遅くするだけでなく

ブレーキを掛け続けて進むことになるので速さだけなく、スタミナも奪ってしまうのです。

 

いかにブレーキを掛けない動作をするか?ということは実はとても大切な事なのです

ブレーキを変えてしまう典型的な動作は、「上下動の大きさ」

仮に上下動が4㎝あるとすれば、一歩一歩が4㎠の高さから飛び降りながら

歩いているという事になります。

 

上下動を作らない、もしくは小さくすることは、スピードを出す・スタミナを維持する

両方にとって大事なことなのです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. クマの古道を歩く
  2. 女子20㎞競歩 東京五輪!海外強豪の紹介 勢力図は「中国 vs …
  3. 競歩でフォームの感覚が狂ったとき(不調になった)、心がけたいこと…
  4. ウォーキングをして、痛い場所が出る、修正しないでランをすると故障…
  5. 楽に速く歩くには?着地する→載せる→押し出す(踏み出す?蹴る?)…
  6. 競歩だかこそ作れる高速ピッチ(回転数)
  7. 【健康ウォーキング】膝への負担を少なくするために、気を付けたいこ…
  8. 2022世界競歩チーム選手権マスカット 放送後記
PAGE TOP
PAGE TOP