ブログ

ウォーキング中級者以上が気を付けたい、ブレーキを掛けて歩かないことの重要性

ブレーキを掛けない!

前に進むのがウォーキングですから、

その行為を阻害する身体動作をすることは避けたいです。

 

多くの方は、前に進むことをどうするか?を考えます

やはり、速く歩くためにはそれだけでは足りなくなります

前に進むことにどれだけブレーキを掛ける動作をしないか?

も考える必要があるでしょう。

 

100の力を使って前に進もうとするとき

マイナスの動作をしてしまい、100が80にも60にもなってしまいます。

進むスピードを阻害するという事は、速く出せるはずのスピードを遅くするだけでなく

ブレーキを掛け続けて進むことになるので速さだけなく、スタミナも奪ってしまうのです。

 

いかにブレーキを掛けない動作をするか?ということは実はとても大切な事なのです

ブレーキを変えてしまう典型的な動作は、「上下動の大きさ」

仮に上下動が4㎝あるとすれば、一歩一歩が4㎠の高さから飛び降りながら

歩いているという事になります。

 

上下動を作らない、もしくは小さくすることは、スピードを出す・スタミナを維持する

両方にとって大事なことなのです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 腕振り 肘を曲げる 肘を伸ばす メリット デメリッ…
  2. 競歩のモーションキャプチャーから分かること② 押す力の重要性
  3. 500m 1分46秒で ウォーク 久しぶりの全力疾「歩」
  4. 五輪に出場した選手が、帰国して一番最初に想う事
  5. 箱根駅伝 母校の解散式に想う
  6. 最大心拍数を意識したトレーニング。とりあえず、166しか上がらな…
  7. 世界陸上ドーハ大会 競歩放送予定は。。。
  8. ウォーキングを向上させるトレーニング方法② 自分のウォーキングフ…
PAGE TOP
PAGE TOP