ブログ

75才 女性 ハーフマラソンで10分記録を更新 その直前の練習の腕振りで「どっちを優先すべきですか?」っと聞かれたこと、答えたこと

ハーフマラソン直前のパーソナルで、

スピードを出すために、ピッチを意識した腕振りをするために

っとアドバイスしました。

 

腕を抱えることで、腕の振り幅が小さくなり、ピッチが速くなるからです。

しかし、腕を抱えると、どうしても肩に力が入り、

力んだ腕振りになります。

それも、なんとかしたいと思い

 

「もっとリラックスして腕を振ってみて下さい」

 

すると、両方を同時にするのは難しい。。。

とのこと。

 

大会は、もうすぐ。

そこで、掛けた言葉は

「では、リラックスを優先させてください」

でした。

ハーフは長丁場。上半身の緊張は、下半身にも伝わり

リラックスが出来ない走りは下半身の動作も固くして、疲労を早くさせます。

 

もちろん、それ以外にもいくつかアドバイスはしましたが、

それは、皆さんに当てはまるものではなく、

この方だけに当てはまるもの、を選択して。

 

それが、75才でも10分短縮につながったと思います。

 

Follow me!

関連記事

  1. ダイエットにお金を掛けたくない!!ダイエットに掛かる費用は、何が…
  2. ベントニー(膝曲がり)で 気を付けること 初心者の動画から学ぶ
  3. 山手線ナイトウォーキング 皆様お疲れ様でした!
  4. ウォーキング 競歩の技術を習得していく順番の重要性
  5. 選手にも観客にも、まったく配慮してません、選手ファーストとは言わ…
  6. ジョグ歩とウォーキングの違い
  7. 競歩(ウォーキング)で、フォームの答え合わせしてますか?
  8. その挑戦は決して無謀ではないと、証明できるのは私ではなく皆さんな…
PAGE TOP