ブログ

75才 女性 ハーフマラソンで10分記録を更新 その直前の練習の腕振りで「どっちを優先すべきですか?」っと聞かれたこと、答えたこと

ハーフマラソン直前のパーソナルで、

スピードを出すために、ピッチを意識した腕振りをするために

っとアドバイスしました。

 

腕を抱えることで、腕の振り幅が小さくなり、ピッチが速くなるからです。

しかし、腕を抱えると、どうしても肩に力が入り、

力んだ腕振りになります。

それも、なんとかしたいと思い

 

「もっとリラックスして腕を振ってみて下さい」

 

すると、両方を同時にするのは難しい。。。

とのこと。

 

大会は、もうすぐ。

そこで、掛けた言葉は

「では、リラックスを優先させてください」

でした。

ハーフは長丁場。上半身の緊張は、下半身にも伝わり

リラックスが出来ない走りは下半身の動作も固くして、疲労を早くさせます。

 

もちろん、それ以外にもいくつかアドバイスはしましたが、

それは、皆さんに当てはまるものではなく、

この方だけに当てはまるもの、を選択して。

 

それが、75才でも10分短縮につながったと思います。

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑥ 腕を回してウォーキン…
  2. マラソン日本記録保持者を習えば、速くなるというのは間違いです
  3. 競歩式ランで走っているパーソナル受講者が医者から言われたこと
  4. 競歩は、簡単で難しい
  5. 自分のウォーキングスピードの最大値を知る② スピードが上手にウォ…
  6. ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から…
  7. 世界競歩チーム選手権、選手・スタッフに想いを託す、と。。。
  8. ウォーキングや競歩で「きつい」「疲れた」と感じたとき、メンタル的…
PAGE TOP