ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【具体的なメニュー】

持久系トレーニングの具体的メニュー

持久系トレーニングにどういうものがあるのか?

という事を、書いてきました。

 

内容的には専門的で、マニアックといえばマニアックのなので

閲読している人が、どれだけ理解しているのか心配ですが(笑)

 

いくつかトレーニングメニューを挙げてきましたが、

具体的につなげ合わせるとどういうメニューが考えらるのか?

時間に余裕がある方。

月:120分間歩
火:120分間歩+ウェーブ歩20㎞
水:ウェーブ歩20㎞
木:120分間歩
金:120間歩+ウェーブ歩10㎞
土:120間歩
日:50㎞

全体的な運動時間は「身体づくり期」から比べると足らないように

感じるかもしれませんが、ここで大事なのはペース。

その意識をしっかり持ちましょう

 

ウェーブ歩をビルドアップと組み替えるのもよいでしょう

会社勤めでなかなか時間がない人の練習の工夫の仕方・・・、につづく

Follow me!

関連記事

  1. 2017世界陸上ロンドン大会 50㎞競歩 レヴュー
  2. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  3. リオ五輪の陸上競技場
  4. 東京五輪メダルへの現実味 女子10年ぶりの日本最高&男子は1時間…
  5. 競歩式ランで学べる最大のポイント
  6. 速さ 地面と足との距離の重要性
  7. 現代 五輪論④
  8. 10㎞を時速9㎞でウォーキングに挑戦してみませんか?
PAGE TOP