ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久系トレから休養移行、気を付けたいこと

持久系トレーニングの期間を終えたら、
また少し身体を(移行期)のトレーニングにして
身体を休ませるようにして下さい。

休養期で大事なことは、
○身体を休ませること
○筋力や持久力の低下をさせない

ということを、書いて来ました。

身体を休ませる必要があるので、下記のような自覚が症状がある場合は
予定通りに休養期が終えたからと、次のトレーニングセッション期間に
入らないようにして下さい。

○身体にだるさが残る
○故障をしている
○しっかり眠れない
○いま一つ、やる気がおきない

上記のような場合は、まだ身体から疲労が抜けていない
ということがあります。

そのような状態でトレーニングをしても、良い練習メニューを積むことは
出来ないのでくれぐれも無理をしないようにして下さい。

ここで休養が終えたら100㎞ウォーキングの練習が「スピード期」に入ります。

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  2. 回復(リカバリー)を考える② 糖質(お米など)の摂取
  3. ウォーキング ランニングの効果を上げる トレーニングメニューとは…
  4. 山手線1周ウォーキング 終了
  5. ウォーキングトレーニングメニュー 初心者にも向いている「ビルドア…
  6. ドーハでは世界陸上の中継は無かった。。。
  7. 競歩2大会連続五輪出場 藤澤 勇選手の引退、に想う
  8. 一歩にしっかり重心を載せる
PAGE TOP
PAGE TOP