ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の目的

スピード期の目的は大きく2つ

○速くゴールするために、スピードの向上
○絶対スピードを上げて、ペースに余裕力を作る

最初にこのテーマを始めるときに
100㎞ウォークを「競技」として捉える
と、定義しました。

だから、ゴールすればよい、という目的にだけではなく
「なるべく速く」というのも
非常に大事なポイントです。

そうなると、スピード練習をする、という要素は
欠かせなくなります。

まずは、「なぜスピード練習が必要なのか?」
ということを、理解しておく必要があります。

【速くゴールするために、スピードの向上】
100㎞もの長い距離になると、
わずかなスピードの向上が大きな差になります。
例えば、時速6㎞で歩ける人がいた場合、
ゴール予想タイムは、16時間40分

それが時速0.5㎞速くなることが出来れば、15時間23分と
1時間20分近くタイムが向上します。

スピードの向上は「競技」として捉えたときに、
非常に重要な要素だということが良く分かります。

【絶対スピードを上げて、ペースに余裕力を作る】
一般的なウォーカーやランナーには「絶対スピード」という言葉は
聞きなれない言葉だと思います。

絶対スピード=その人が出せる最高スピード
レースペースではなく、出せるスピードの上限値
この絶対スピードを上げることが出来れば、
レースペースを楽に感じることができます。
つまり、ペースに余裕が生まれる余裕力が向上するので
最後まで設定したペースでゴールできる可能性が高くなるのです。

スピード期はこの2点が大事なポイントです。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩式ランで学べる最大のポイント
  2. 現代 五輪における選手マーケット論 今、選手に求められもの 【序…
  3. 東京五輪が最後!曲者揃いの男子50㎞競歩 世界の強豪
  4. 77歳女性の競歩動画、競歩はトレーニングすればいくつになっても綺…
  5. リオ五輪 競歩総括解説
  6. 回復(リカバリー)を考える ⑤ 練習の範囲
  7. 東京五輪メダルへの現実味 女子10年ぶりの日本最高&男子は1時間…
  8. 【レポート】2017年4月 ウォーキング講習会in浦和
PAGE TOP
PAGE TOP