ブログ

樋熊100km挑戦への道②

会津若松から五泉まで走ったそのダメージですが、準備期間が1日しかなかったこともあり、エネルギー不足、準備不足でしたかね。
70km辺りまでは余裕があった気はするのですが、そこから暗くなったのと、疲れた状態での休憩で座ってしまったため、疲労が一気に来ました。
だいたい1時間毎に休憩を取っていたのですが、最後の休憩の80kmから先は全く足が前に進まず、一人では完走出来ていなかったはずです…

何とか90km完走出来ましたが、ゴール後はエネルギーが完全になくなってしまったのか、何をとっても体が温まらず、お風呂に入っても体が温まらない…浴槽で震えていた記憶があります。

その翌日は寒さはおさまっていましたが、疲労は…もちろん十分ありましたね。2週間くらい練習できなかった気がします。

この経験から学んだのは、100kmやるにはしっかりと準備しなければいけないということ。休憩は最小限に、そして座らない。ということです。

かなりの地獄を見ました…

Follow me!

関連記事

  1. 樋熊100km挑戦への道 その後
  2. リオ五輪 男子50㎞競歩 レース解説&レビュー
  3. ホームアドバンテージ
  4. 誰もが影響を受けた、イチロー選手の引退に想う事
  5. 樋熊100キロ挑戦への道④
  6. シューズに負けるな!スポーツマンの矜持とは?
  7. 樋熊100km挑戦への道 あと4日
  8. リオ五輪 男子20㎞メダル予想 直前
PAGE TOP
PAGE TOP