ブログ

速くウォーキングすることと健康診断

速くウォーキング出来るようになると

自然に「心肺機能」も向上します。

 

そもそも、ウォーキングではそれほど高く心肺機能を刺激することは

難しいです。

 

それは、「速くウォーキング」ができないからです。

速く身体を動かそうと思っても、

どう速く動かせばよいのか?ということが

自己流のウォーキングではわからないからです。

 

例えば、速く動かしたとしても、身体の使い方が

よくわからず、上手ではないので、速く動かせない

 

だから、心肺機能を追い込むことができないので

普通にウォーキングをしているだけだと

効率的に心肺機能を向上させるのが難しいのです。

 

昨日、健康診断を受けました。心電図をドクターが診て

一言

「普通の人より、心肥大がないのに心拍が遅いですねー」

 

よく言われる、セリフです。

ちゃんと速くウォーキングができ、心肺機能が高めることが

できるからこそ、ドクターに言われるセリフです。

 

そんな、とこを目指すのも面白いかもしれません(笑)

 

Follow me!

関連記事

  1. RWランニング (競歩式ラン)
  2. 正しいフォームを習得するための思考②
  3. 競歩選手 練習前写真から分かること
  4. 現代 五輪論④
  5. 世界競歩チーム選手権(2018年) 50㎞競歩 勝因の解説と20…
  6. 歩いてるの?走っているの?誤解されないウォーキングの仕方
  7. 速いスピードでも景色を楽しむ重要性
  8. 速さ?距離?どちらの方が レベルアップしたと感じられる?
PAGE TOP
PAGE TOP