ブログ

速くウォーキングすることと健康診断

速くウォーキング出来るようになると

自然に「心肺機能」も向上します。

 

そもそも、ウォーキングではそれほど高く心肺機能を刺激することは

難しいです。

 

それは、「速くウォーキング」ができないからです。

速く身体を動かそうと思っても、

どう速く動かせばよいのか?ということが

自己流のウォーキングではわからないからです。

 

例えば、速く動かしたとしても、身体の使い方が

よくわからず、上手ではないので、速く動かせない

 

だから、心肺機能を追い込むことができないので

普通にウォーキングをしているだけだと

効率的に心肺機能を向上させるのが難しいのです。

 

昨日、健康診断を受けました。心電図をドクターが診て

一言

「普通の人より、心肥大がないのに心拍が遅いですねー」

 

よく言われる、セリフです。

ちゃんと速くウォーキングができ、心肺機能が高めることが

できるからこそ、ドクターに言われるセリフです。

 

そんな、とこを目指すのも面白いかもしれません(笑)

 

Follow me!

関連記事

  1. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  2. 地面は強く蹴らなくても歩幅は作れる
  3. 坂下千里子さん 歩き方の見方
  4. 歩くという事
  5. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  6. 競歩 TV 解説者として情報収集はしっかりと
  7. 五輪が近づき「競歩」が注目を浴びる中、初めて競歩を見る方にしって…
  8. 回復(リカバリー)を考える ①
PAGE TOP
PAGE TOP